アフィリエイトの教科書の発売日は2015年1月17日。Amazonでも絶賛予約受付中です。

シェアする

というわけで、Amazonに反映されました。


世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生

もしかしたらAmazonのページは「世界一わかりやすい アフィリエイトの教科書 1年生」になっている可能性がありますが間違いです。「世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生」という僕の性格が現れたタイトルが正式です。そのうち直ると思います。

アフィリエイトの教科書の発売日

2015年1月17日です。もう9割以上完成しているのに発売日が1ヶ月先というのは年末進行恐るべしですね。

ですので、そのお手元のお年玉を握りしめて本屋さんに行くのが良いかと思います。10冊買うと何かに投票できるかもしれません。あ、毎度のように出版キャンペーンはやらないので、読みたいと思っていただける方が、買いたいだけ買い占めていただければこれ幸いでございます。もしかしたらイベントはやるかもしれません。高知のイケダさんとハングアウト(テレビ電話)で繋いでの飲み会なんていいですね。誰か企画してください←

アフィリエイトの教科書の目次

Amazonでは目次も公開されています。今回の書籍は学校がイメージなので、章ではなく時限という名称にしております。

全8パートで書かれているのですが、8時限目になっちゃうとどんな進学校だよってなってしまう気がしたので、ホームルームと課外授業という表現で誤魔化しています。なお、イケダさんのパートは4時限目ですね。

【ホームルーム】そもそもアフィリエイトって何?

まず知っておこう「アフィリエイト」のしくみ
アフィリエイトとGoogle AdSenseの違い
スタートの費用はゼロ円で大丈夫!

【1時限目】入門編】の基本知識

アフィリエイトに必要なもの
ASPに登録するためにブログを作成する
アフィリエイトサービスプロバイダを選ぶ
アクセス解析を設置する
目標設定をしよう
継続の重要性
最初の関門! どうやって月額5000円を突破するか?
商品軸か自分軸か話題軸か

【2時限目】商品(サービス)軸 アフィリエイト

1つの商品やジャンルに特化した専門サイトをつくる
自分の得意分野を認識する
これから学びたいジャンルをテーマにする
公式サイト以外の付加価値を生む意味
親和性の高い広告の選び方
報酬単価の低い商品を数多く売るか、報酬単価の高い商品を厳選して売るか
稼げるキーワードの探し方
読者に感謝される記事の書き方
アクセスアップ対策のやり方
成果を出すためのサイトの改善策

【3時限目】自分軸アフィリエイト

自分の好きなこと・得意分野を認識しておく
1日1記事3カ月更新でステージが上がる
得意分野を文章に変えるメソッド(◯◯とは、5W1Hの活用)
ブログで信用を積み上げる
自分の体験が報酬につながる
むやみやたらに商品を紹介しない
SNSを活用しよう
Google AdSenseの併用

【4時限目】やり直しアフィリエイトの方法(イケダさん)

私がアフィリエイトをはじめた経緯
アフィリエイトを真面目に攻略したら毎月10万円は稼げる
ブロガーにお勧め! アフィリエイトサイトは記事ネタ元にもなる
業界健全化のためにも優秀なブロガーは積極的にアフィリエイトをやるべき
「ブロガー」と「アフィリエイター」の違いは何か~現状と近未来について~
ブログで「毎年500万円稼ぐ」ために必要な考え方

【5時限目】アフィリエイトイベントや勉強会に参加してみよう

アフィリエイトサービスプロバイダ主催イベント
日本アフィリエイト協議会の勉強会
ブログやウェブサイトの製作技術を高めたいなら
自分の学びたい事柄を整理し、目的を持って参加する
有料の勉強会やセミナーに参加する前に

【6時限目】ルールを守って正しくアフィリエイトをしよう

ASPや広告主の提示するルールを守ろう
リスティング広告出稿のルールを守る
法律に則った表示をしよう
根拠のない誹謗中傷はしない
収益が上がったら確定申告を行おう

【課外授業】一段上のステージを目指すために

Googleアナリティクスやウェブマスターツールを駆使してデータ分析を行おう
ASPや広告主と特別単価交渉やクローズド案件の紹介交渉をしよう
アフィリエイトとGoogle Adsenseの併用(実践編)
スマートフォンへの最適化は必須
人間の購買心理を理解しよう
PDCAサイクルを回し続ける
複数のブログ運営にチャレンジしよう
あなたのライフスタイルが豊かになる

で、ダウンロード用の特典ファイル(要は書籍に入りきらなかった内容)は、いま一生懸命作っているので近いうちに公開します。

大切なことなのでもう一度


世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生

にっこり(わかってるよね)。

スポンサーリンク