安定の告知忘れですが、2014年11月期の個別コンサルも受け付けております。

シェアする

10月も同じようなことを言ってましたが、11月も出遅れ告知でございます。

ひとまず、編集さんの頑張り次第なのですが(編集さんガンバレ!)、今年にもう一冊出る予定の書籍の原稿が書き終わりました。よって、今年の残り2ヶ月間は比較的時間的に余裕がありそうなので、人に直接会うという舵を切ってみようかなぁと思っています。次の本の企画書も急かされているような気もしますが、気付かないふりをしておきます(編集さん(別人)ゴメンナサイ)。個人、法人問わずに対応可能ですので、ぜひお問い合わせください(法人の場合は請求書対応も可能です)。

で、やっぱり今までの相談傾向としては収益化の方法やウェブサイト運営の方向性についての相談が多いです。やっぱりみんな悩んでいるポイントって似ているんだなぁという印象がありました。

ちなみに来年は出版社の編集さんや編集プロダクション、出版エージェントさんなんかも巻き込んで、本を出したい人向けの勉強会なんかもやろうと思っています。僕が異常なまでに今年、本を書きまくったのは「普通の人でも年間5冊の書籍が出版できる」ということを体現してみたかったからです。なんで年5冊かというと、週刊連載マンガ(ジャンプとかマガジンとか)の年間発売冊数が4冊なんですね(3ヶ月に1冊)。年5冊ならそれを超えられるなと、今年の半ばぐらいに気付いたのでマシーンのように文字を書き綴ってました。狙うは冨樫先生超えですよ!(HUNTER X HUNTERは年に1冊も出ねぇじゃねぇかとか言わない)。

まぁ今年5冊になるのか4冊で終わるのかは編集さんの頑張り次第なのですが(編集さんガンバレ!)、もし本を出したいと思っている人が居れば、先行してその内容をコンサルティングの時間内に収めてアドバイスすることも可能です。企画やアイディアがあるのであればそれを企画書や原稿にするお手伝い、まだ漠然としたイメージしか無いのであればそのイメージをより具体的にしていくためのお手伝いなんかもできます。もし、すでに本を出されているのであれば本を売るための施策を一緒に練ることも可能です。

なんだか編集さんに寝るなってプレッシャーをかけているだけの内容になってしまったような気もしますが、要は11月のコンサル希望の方は以下のページから申し込んでくださいね☆ということです。お問い合わせだけでも全然OKですよ。

コンサルティングサービスについて

スポンサーリンク