小学館の発行する雑誌「DIME」にアフィリエイトの専門家として掲載していただきました

シェアする

どうも、錬金術士です(キリ

DIME

というわけで、本日、12月16日発売のDIME 2月号に掲載していただきました。この号は「副業新時代の錬金術 ネットで稼ぐ108の方法」というテーマで構成されており、その中の1パートでアフィリエイト(Google AdSense)の解説をしています。あれ、DIMEってそんな雑誌でしたっけ?

dime02

2時間ぐらいペラペラ喋った記憶があるのですが、まぁ、案の定、結構カットされてたりします。アフィリエイトの基本的な仕組みやアフィリエイトサービスプロバイダの紹介がメインになってますね。

で、一生懸命違いは説明したのですが、やっぱり成果報酬型広告のアフィリエイトと、クリック報酬型広告のGoogle AdSenseの仕組みって混同されるんですね。校正時点で微修正してもらって辻褄は合うようになっているのですが、最初の時点ではアフィリエイト=Google AdSenseという感じになってました。僕らはもう慣れているので圧倒的な違いが分かるのですが、まったく知識のない人にとっては何が違うのか認識できないんでしょう。ちょっとこれから、伝え方に工夫をせねばいかんなぁと反省しました。

ちょっと前にAmbitiousというビジネス誌からも取材を受けていたわけですが、やっぱり最近副業ブームなんですかね?書籍も副業系の本がよく発刊されているようなので、複数の収益源を得たいという世相の現れなのかもしれません。雑誌まで波及してきた時点でかなり浸透している方法論かもしれませんが、興味がある人は今からでも取り組んでみてはいかがでしょうか。人生の中で今日が一番若いんですから。

そうそう、そういえば今度教科書的な書籍が発売されるという噂を耳にしいやなんでもないです。

というわけで、本日より全国の書店やコンビニに陳列されていると思いますので、興味のある方は手に取ってみてくださいね。ちなみに僕は30ページ目にチョロっと出ています。


DIME (ダイム) 2015年 02月号 [雑誌]

スポンサーリンク

シェアする

SNSをフォローする

スポンサーリンク