2017年8月20日に大阪で文章術セミナーを開催します、会場は大阪堀江 萬福寺 山門会館です。


もう記事タイトルが全てなのですが、大阪の中心部に構えるお寺 萬福寺さんのイベントスペースをお借りしてセミナーを開催することになりました。

オンラインサロン「ギガ盛りブログ飯」の提供コンテンツの一部として毎月セミナーをおこなっているのですが、どうしても都内開催が多くて地方の人とのサービス格差が出ちゃってたんですね。なので、夏休みの旅行ついでに夏休みに名古屋・大阪でセミナーをやろうと思ったわけです。

で、名古屋は城で開催するので、大阪も一風変わった場所でやりたいなぁと思っていたところ、大阪の中心地である南堀江のお寺のスペースが借りられるということを知り、電話してみたら空いていた次第でございます。城→寺のコンボで、完全に観光旅行ですね。

浄土真宗本願寺派 萬福寺とは

萬福寺は、お念仏(南無阿弥陀仏)の教えを弘める浄土真宗本願寺派 (お西) のお寺で、場所は大阪の中心地、南堀江に位置しております。

桂春団冶の落語「親子茶屋」に登場する「島之内の萬福寺さん」はこの萬福寺です。約350年間、島之内 (現在のアメリカ村) にありましたが、昭和33年(1958年)にここ堀江に移転して参りました。

萬福寺は時代に即した皆様のコミュニティーセンターとして、檀家さんはもとより、どなたでも気軽に来て頂ける開かれた寺院を目指しております。

とのことで、かなり由緒正しいお寺です。ブログのセミナーはOKだということなので、安心してお話できます。壺セミナーだったらダメだったでしょうね。

会場は萬福寺内にある多目的スペース 山門会館の2階和室(2枚目の写真)です。椅子の手配もしておりますが、もしかしたら座布団スタイルになるかもしれないので、それなりの服装でお越し頂けると幸いです。

セミナーの内容

好評だったこのセミナーの2時間バージョンでおこないます。

壺セミナーにしようかとも思ったんですが、名古屋・大阪両方来るような奇特な人も居そうなのと、さすがにお寺で怪しい壺の売り方はまずいだろうという判断で文章術にしました。城なら怪しくてもいいのかというツッコミは受け付けません。
 

「自分の主張を強烈に読み手に届ける方法」や「粘りや厚みのある文章」、「ちょっと個性が強いんだけど、そのクセを好むファンを増やす文章」や「長い間覚えてもらえる文章」の書き方をメインにお話します。

内容は以下の通りです。

1.ライティングの種類
2.文章のクオリティを決める3つの要素
3.その文章に主張(メッセージ)はあるのか
4.ワンメッセージ・ワンアウトカム
5.直感はあてにならない
6.直感と直観
7.文章を書くための4つの型+α
8.青汁と化学調味料
9.ベストセラーとロングセラー
10.抽象度と具体性のバランス
11.大げさ度と違和感
12.ユーモアと真面目さ
13.つるつる or トゲトゲ
14.接続詞の使い方
15.謎掛けと種明かし
16.五感の移動
17.主語の距離感
18.引用と権威
19.念と体現

これらの内容を、汎用性高い状態で説明したり、個別具体的な記事を使ったりして、一つ一つ解説していきます。

セミナー概要について

日程:2017年8月20日(日) 16時~18時(15時30分受付開始)
会場:大阪府大阪市西区南堀江 1-14-23
アクセス:大阪市営地下鉄四つ橋線 四ツ橋駅 徒歩3分
定員:40名
参加費:4,000円(オンラインサロン参加者は無料)

申し込みページ:http://peatix.com/event/267674/
心斎橋駅近辺で懇親会をおこなう予定です。費用は3,500~4,000円程度を考えており、参加申込者に後日参加の可否を確認します。

「ギガ盛りブログ飯」参加者特典セミナーです

オンラインサロン「ギガ盛りブログ飯」参加者は当セミナーに無料で参加可能です。


DMMオンラインサロン「ギガ盛りブログ飯」

毎月セミナーやワークショップ、オンラインサポートがセットになったプログラムです。グループ参加者は別の申し込み窓口になりますので、参加後、オンライングループをご確認ください。※新規募集再開しました

学生は半額でオンラインサロンに参加可能です(もちろんセミナー参加権も付いています)。学割については限定20名です。

DMMオンラインサロン「学割ブログ飯」