プロスポーツ選手のセカンドキャリアを応援する「SUPPORTS」プロジェクトはじめました

シェアする

header03

実は10月末ぐらいから始動していたんですが、改めてご報告です。

全国各地の自治体の若手首長を中心に構成する「ささつな自治体協議会」の支援のもと、プロスポーツ選手のセカンドキャリアを応援するSUPPORTSプロジェクトのディレクターになりました。たくさんの協力者とともに、プロ野球出身者やJリーグ出身者を中心とした元プロスポーツ選手を支援する仕組みを構築していく役割になります(おそらく)。

※ささつな自治体協議会は現在32自治体首長が集い、首長同士の対話と連携によって、個々の地域課題の解決、災害時などにおいての相互支援体制の構築、国レベルでの制度改正への提言機能の向上などを図っている団体です。以前にご報告した「ささつな日本酒グランプリ」もささつな自治体協議会が主催しています。

11月頭に石川県に行っていましたが、これは別に遊びに行っていたのではなくて、SUPPORTSプロジェクトの一環で地域おこし協力隊員(石川県志賀町のスポーツ指導員)として赴任した、元Jリーガー林丈統さんの取材をしてきたわけです。林さんはサッカーの名門、滝川二高出身で、ジェフ市原や京都パープルサンガで活躍したバリバリのサッカー選手ですね。

自分の街にテレビで見たことある、応援していた元プロ選手がやってくるってすごくないですか?地方創生の新たな方法として根付いてくれたら良いと思ってますし、情報発信によって活動がクローズアップされるようサポートしていきます。

 
なお、SUPPORTSプロジェクトの公式サイトは、商売が儲かって儲かって節税対策の会社を設立したばかりの株式会社Anima Gate代表取締役の今村さんが鋭意製作中です。

ひとまず今年いっぱいぐらいは上記のFacebookページで活動報告をしていきますので、ぜひ「いいね!」をして情報を追っていただけると嬉しいです。
 

現状は日本プロサッカー選手会や日本プロ野球選手会との連動がメインになりますが、バスケットボールやバレーボールなど、プロ化が図られているスポーツは数多くあります。活動が軌道に乗ってきたら、さまざまな団体とコラボしていきたいと思っています。

林さんの場合は地域おこし協力隊としてセカンドキャリアをスタートさせますが、引退後に自分で商売を始めたり、一般企業に就職したりすることも立派なセカンドキャリアです。残念ですが、プロスポーツ選手として何十年も第一線で活躍できる人は限られています。一人でも多くのプロ出身者が、充実した第二の人生を送れるよう最大限サポートしていきたいと思いますので、応援・ご支援のほどよろしくお願いします。

プロ出身者を受け入れたいという企業、取り組みを取材したいメディアからの問い合わせも歓迎ですので、Facebookページ、あるいは問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。事務局にお繋ぎします。

そうそう、スポニチさんでも林さんの就任式が取り上げられてます。こんな感じで、活動をどんどん取り上げていただけるとありがたいです、はい。

スポンサーリンク