個人的に応援している「iNDIGO BLUE」が、次世代のパフォーマーを募集するオーディションを開催してますよっと

シェアする

もう、タイトルの時点ですべてを物語ってしまっているのですが、個人的に応援している “ハダカのオトコのエンターテインメント”「iNDIGO BLUE」が次世代のパフォーマーを募集するオーディションを開催しています。

WATER PERFORMER AUDITION 2014

WATER PERFORMER AUDITION 2014

なんで僕が彼らiNDIGO BLUE押しなのかは昔の記事を読んでいただければと思うのですが、目の前で彼らのパフォーマンスを見たら一発で虜になりますよ。

で、そんな彼らの新たな挑戦として、次世代のメンバー(新チーム)をオーディションで決めるプロジェクトを始動させました。

WATER PERFORMER AUDITION 2014

僕があと20歳若ければチャレンジしたのですが、残念ながら筋肉痛が2日後に発生するような老いボディになってしまっているので、これからの若手にバトンを繋ごうと思います。

応募資格・応募方法

応募資格

・15歳以上20歳以下の高校生および大学生
(※20歳未満の方は保護者の同意が必要)
・株式会社iNDIGO BLUEに所属し活動ができる方
・特定の芸能事務所・レコード会社と契約していない方
・東京都内および京都府内での継続的な活動に参加できる方

応募方法

・WATER PERFORMER AUDITION 2014の公式サイトから受付
・応募はお一人様一回のみ
・オーディション参加費は無料ですが、交通費は本人負担
(一次審査・二次審査会場は東京都内および京都府内を予定)

応募締め切り

・2014年3月16日(日)20時

詳細についてはWATER PERFORMER AUDITION 2014の公式サイト(http://wpa2014.com/)をご確認ください。

平澤慎也 from iNDIGO BLUE メッセージ

僕は個人的にiNDIGO BLUEのメンバーの方とお話する機会もあったのですが、ボーイズシンクロという文化を広めていきたいという情熱は凄いものがあります。iNDIGO BLUEのチームとしての活動はもちろん、個人の活動範囲も広げて、お客様が笑顔になれる場所を創っていくために必要なオーディションなんだろうなぁと感じています。

興味のある学生はぜひチャレンジしてみてくださいね!

技術を継承するということ

文化を創っていくには一代ではやっぱり限界があります。理念や技術、そして熱量を継承していくことにより、少しずつ少しずつ世間に価値を広めていけるわけです。

ちょっとiNDIGO BLUEからは話が逸れますが、最近、僕が関わった蓮田の匠というプロジェクトでも、職人の製品や技術力を紹介するというメインテーマがあるのですが、サブテーマとして技術を継承できる人を集めようという考えがあります。いくら素晴らしい技術や理念を持っていたとしても、それを伝えていかなければ本人だけで終わっちゃうんですよね。

今回のWATER PERFORMER AUDITION 2014でも「想いの継承」というフレーズが入っていますし、心から応援できるプロジェクトになっているのではないでしょうか。

(おまけ)直近のライブ情報

iNDIGO BLUEのライブが直近で2014年4月18日に東京で、4月27日に京都で開催されます。東京の方は単独ライブではないようですが、京都は単独ライブっぽいですね。彼らのライブはかなり人気なのでいつも抽選になってしまいますが、興味のある人は申し込んでおきましょう。僕も当選すれば東京の方に足を運ぼうと思ってます。

「Brand New VibeのTokyo LIVE Kingdom☆~王国のはじまり~」(東京・渋谷)
http://ib-web.jp/live/20140418shibuya/

iNDIGO BLUE LIVE 2014「STARTLINE」(京都)
http://ib-web.jp/live/20140427kyoto/

スポンサーリンク