9月14日は大田区産業プラザで僕と握手!

シェアする

最近、加齢のせいか手汗が止まらない染谷です。緊張するとさらにびっしょりです、はい。

というわけで、よくわからない書き出しで始まった本日の記事ですが、要は2013年9月14日に開催されるWordCamp Tokyo 2013の告知です。そう、Web Designer’s Daily Lifeのshokoさんからリレーブログが回ってきたわけです。もう1週間後が本番なんですねー。

WordCamp Tokyo 2013
↑WordCamp Tokyo 2013の公式サイトはこちらから

shokoさんはアンカンファレンス(要はみんな集まって雑談)の担当なので、昨日のブログではアンカンファレンスのことメインで書かれていますが、僕は実はセッション担当(というかリーダー)なのでセッションについてアピールしていこうかと思います。


http://2013.tokyo.wordcamp.org/timetable/
タイムテーブル | WordCamp Tokyo 2013

こちらがタイムテーブルです。セッションというと講師が聴衆に向けて一方的に話すイメージがあるのですが、今年のWordCamp Tokyoのテーマは「舞台に立とう!」。できるだけたくさんの人たちに前に出てもらおうと思い、すべてのセッションをパネルディスカッション形式にしました。しかもパネラーだけでなくモデレーター(司会者)も公募から選出しています。

おかげさまでパネラーやモデレーターのみなさん&セッションチームのみんながいろいろなアイディアを持ち寄ってくれて、一つ一つ着実に準備が整っていきます。セッションリーダーなんて役職は名ばかりです、ああ、ありがたやありがたや。

で、各パネルディスカッションの内容ですが、パネラーのみなさんの知識や経験がベースとなった実践的な会合になる予定です。ご自身の仕事に関連するセッションはもちろんですが、自分の仕事とは関係ないナーと思うセッションも冷やかし気分で聞いてみると意外と新たな気づきがあるかもしれませんよ。

さらに今回のポイントとして、パネルディスカッションが終わった次の時間帯でパネラー(モデレーター)との座談会も予定しています。登壇者と直に交流できる機会はあまり多くないと思うので、この座談会を活用してこっそり聞きたい質問などを用意しておくと良いかもしれません(→要はこんなな感じ)。

ちなみに私事ですが、11時からの「コンテンツセッション」と16時から中央メインステージの「Googleに聞いてみよう」のモデレーターを務めさせていただきます。これから質問内容やスライドなどを作らなければいけないのでプレッシャーで手汗が止まりません。

そんなわけで手汗たっぷりジューシーな僕ですが、当日はいろいろと動き回っていると思うので見つけたら優しく声をかけてください。喜ぶと思いますよ。

参加登録はこちらから!
http://2013.tokyo.wordcamp.org/tickets/

明日のリレーブログは若手のホープ高橋さんのExtend Wingsです。おったのしみにー。

スポンサーリンク

シェアする

SNSをフォローする

スポンサーリンク