定額(上限あり)駐車場を事前予約!予約専用タイムズ 「B-Times」なら都内や観光地での長時間駐車も安心

シェアする

車依存症の皆さん、こんばんは。最近は徒歩10分弱のスーパーマーケットに行くのにもエンジンを回す染谷です。トレーニングジムでスクワットしたり、ランニングマシンで走るのって楽しいですよね。

さて、最近、都内の駐車場って値上げしたと思いませんか?もちろん消費税が上がったので(いつの話だ)、その分が乗せられているのは重々承知なのですが、表参道とか新宿とか12分400円とか信じられないような場所ってありますよね。30分400円なのに24時間3,000円定額とかもあって、もはや最大料金取る気満々じゃんって駐車場もあります。あと平日は上限ありなのに祝祭日は無尽蔵に課金されていくのもあったと、愚痴が捗る毎日です。

で、今度、両国に長時間駐車する予定があってですね。両国近辺は平日休日関係なく1,500~1,800円程度の上限定額で駐車できるという記憶があったのですが、大きなイベント(相撲とかコンサート)とかあったら駐車場難民になってしまうので、事前予約できないかなぁと探していたらこんなサービスが有りまして。

btimes01
予約専用タイムズB-Times

タイムズでおなじみパーク24が駐車場予約システムの新サービス始めてたんですね。両国を検索してみたら24時間1,500円と、なかなかリーズナブルな場所を見つけたので、早速登録してみることにしました。

btimes02

両国国技館の裏辺りなら利便性も高いですね。

まずはタイムズクラブに入会手続きを

B-Timesを利用するためにはタイムズクラブ(無料)に登録する必要があります。

btimes01

トップメージ右上に「三」のアイコンがありますので、ここをクリックするとメニューが表示されます。

btimes03

メニュー上部に「新規会員登録」という項目がありますので、ここから会員登録をおこないます。

btimes04

するとタイムズクラブの登録画面が表示されます。画面にも書いてありますが、入会金・年会費は無料です。

btimes05

氏名、住所など必要項目を入力し、利用規約を読んだ上で、ページ下部にある「同意します」をクリックします。すると入力項目の確認画面が表示されますので、問題なければ次へ進みます。

btimes06

仮登録が完了し、入力したメールアドレスに確認メールが届きます。

btimes07

メール内に記載されたURLをクリックし、本登録画面に移動します。

btimes08

これで本登録が完了です。

btimes09

本登録確認メールが届きますので、IDと仮パスワードを確認しましょう。

btimes10

B-Timesのトップページに戻り、IDと仮パスワードでログインします。すると、新パスワード入力画面が表示されますので、新パスワードを設定しましょう。

これでB-Timesが利用できるようになります。

B-Timesで駐車場の予約をしてみよう

ではいよいよ駐車場の予約です。満を持して予約専用タイムズB-Timesにアクセスします。

btimes11

利用方法は簡単で、条件設定で借りたい日付を指定し、エリア(ここでは両国)を入力して検索するだけです。

btimes02

すると希望のエリアで予約ができる駐車場と金額が表示されますので、金額の部分をクリックします。

btimes23

btimes12

すると駐車場の概要と日付が表示されますので、ここでOKなら希望日にチェックが入っているか確認して、「この駐車場を予約する」ボタンをクリックします。

btimes13

btimes14

車種やナンバー等の必要事項や、精算用のクレジットカード情報を入力します。

btimes15

btimes16_02

予約内容に誤りがなければ「予約する」ボタンをクリックすれば予約完了です。

btimes17

会員画面(鍵アイコン)で予約内容などを確認できます。

なお、予約できるのは利用日の14日前からで、キャンセルについては利用予定日の前日まではキャンセル料は発生しません。ただ、利用予定日当日キャンセルについては利用料金の100%のキャンセル料が発生しますので、急に予定が変更になった場合は注意してください。

自分の空き駐車場も貸すことができる

B-Timesでは、使っていない自分の駐車場を登録することで貸し出すことができます。

btimes18

会員ページの「貸す」という項目から駐車場登録ができますので、空き駐車場をお持ちのオーナーは登録してみてはいかがでしょうか。都心で駐車場が余っているという人は多くないかもしれませんが、常に混雑している観光施設がある、シーズンによって混み合うエリアや、花火大会などのイベントが近くで見れるなどの特徴がある場所であればお客が入りそうな気がします。

最近、こういうシェアリングサービスって増えてきましたよね。

スマホに最適化されたデザインなのね

btimes22_02 btimes21_02
そうそう余談ですが、このB-Timesのウェブサイトって完全にスマートフォンに最適化させてて、PCページはおまけ的な扱いなんですね。この辺も時代性を感じます。

そんな今時のシェアリングサービス「B-Times」の利用はこちらからどうぞ→予約専用タイムズB-Times

スポンサーリンク