我が家にCanon EOS Kiss X7って一眼レフとEF50mm F1.8 STMってすごいレンズがやってきたよ(←よく分かってない)

あの記事から苦節259日…。

遂に、我が家に禁断の一眼レフカメラがやってまいりました。ようこそCanon EOS Kiss X7、ようこそEF50mm F1.8 STM。

Canon EOS Kiss X7

なぜ禁断かというと、僕の周りの諸先輩方が揃いも揃ってレンズ沼という、それはそれは甘美で、そして恐ろしい底なし沼に嵌っていく様を見ているからなわけです。まぁ、僕には嫁稟議という甘美でない上に恐ろしいガードレールがあるので、その沼地に入り込むことは無いんですけどね(おそらく)。

で、今回、カメラを買うに当たっていろいろな方のアドバイスを頂きました。その御礼と、これって最近僕の中で流行りの信用残高という言葉に繋がるなぁと思い記事にしてみた次第でございます。

そもそも僕はカメラについては超初心者で(カメラ以外の知識も浅はかじゃねえかとか言うな)、皆さんのお知恵を借りたくこんな呟きをしてみたんですね。

そうしたら天上界の神々から返答をいただきまして。

ほうほう(?)

ほうほう(??)

ほうほう(これは騙されてるのわかる)。

さらにこんな初心者丸出しの質問をしてみたわけでございます。

すると神々からまたご神徳が。

ほうほう(???)

ほうほう(????)

ほうほう(?????)

と、通算15個以上の?を積み上げていたところ、天上界から人間界に蜘蛛の糸を垂らしてくれた御仁が。

ほうほう(!)

ほうほう(!!)

ほうほう(!!!)

ほうほう(!!!!)

おおおおおおおおおおおおお(!!!!!)。これはトドメとして強烈でした。結果として、あめたま先生のオススメするキットをまるっと購入した次第でございます。

で、今回のやりとりってすごい象徴的だなぁと思ってですね。僕ってほら、超初心者層に位置付くじゃないですか。そんな客層にいかに響かせるかって物販する上で非常に重要だと思うんです。ある程度、知識のある層に属する人たちなら、えりさまやでこいさんのアドバイスってとっても有効だと思うんですね。でも僕みたいに底辺層で蠢いている子からしてみると、その説明ですらお恥ずかしながら理解できないんです。

そんなわけで、理解できる言語の書いてあったあめたまさんの情報を信用してビックカメラで購入しました←

本来であればあめたまさんのアフィリエイトリンクから購入するのが筋だと思うのですが、ちょっと急ぎで必要だったので実店舗で購入してしまったわけですが、おそらく次のレンズはあめたまさんのリンクから購入することになると思います(嫁稟議という過酷な壁を突破するという条件付きですが)。

これってやっぱり最初に触れた信用残高だと思うんですよ。大阪セレブの小林さんが信用残高についての記事を書いていますが、この信用残高の積み重ねによって、将来のライフスタイルって大きく変動すると思います。だって、知りたいことを的確に教えてもらった人から商品を購入したいって思いませんか。

もちろん、えりさまやでこいさんのアドバイスが役に立つ層だって必ず居るわけです。誰に向けて書くかという意識を持つことによって、その情報を求めている層に効果的に情報を届けることができます。

これはわかる。

これもわかる。

6月22日までに嫁稟議を意地でも通す必要がありますね。

【追記】そういえばレンズごとの写真の雰囲気載せるの忘れてました。

02

こちら、レンズキット(18-55 STM)で撮った写真。

03

こちらEF50mm F1.8 STMで撮った写真。ほほぅ、ボケとかでかなり雰囲気変わるんですね。