自分の行動次第で運は良くも悪くもなる!?幸運を引き寄せるために大切な3つの要素

シェアする

いつも懇意にしていただいている今村だけがよくわかるブログの今村さんが、師走の忙しい時期に突如こんなことを言い出しまして。

そうしたらノマド的節約術の松本さんが、師走の忙しい時期のこんな素敵な記事を早々に公開しまして。

おうおう、そうなれば僕も書かねばなりますまい。2週間以上も下書きとして寝かされていたメモを基に、染谷的運勢の向上方法を書いていきたいと思います。もしかしたらどっかで聞いたことのある話も含まれていると思いますが、運を良くする方法なんてそんな複雑なものじゃなくてありきたりな話なんですよ、きっと。要は意識してやり続けられるかどうかが重要なんです、はい。



僕、人前ではあんまり言わないんですが、実は運が良い方なんです。

最初は10人規模のベンチャー企業に入社したんですが、3年半仕事をして(営業担当だった会社に)転職しました。その転職した会社が、僕の転職翌年に東証二部上場、さらに翌年に東証一部に鞍替えしました。4年間その会社で働いて3社目に転職したのですが、その会社も2年後に東証一部上場と、人生で二度も東証一部上場の経験をしてるんですね。

なお3社目はリーマンショックで経営が傾いたので、早期退職制度を使って1年分の前払い退職金を貰ってブログで生活してこうという暴挙に出るんですが、ちょうど前払い退職金を使い切りかけてた1年後にXperia非公式マニュアルが大爆発してなんとか生活ができるようになりました。

さらにさらにその経験をベースにブログ飯という闇の教典を出版しまして、ありがたいことに好評を博して、多くの人々を路頭に迷わせているうちに、ポンポンと計8冊(共著含む)まで書籍を出すことができました。そしてその書籍を名刺に企業や自治体からお仕事をもらえることになり、今年は法人化もしています。



他人の自慢は最高に面白く無いということは認識しているのですが、この記事の信ぴょう性を増すために心を鬼にして書いてるんですよ。しかし改めて振り返っても、我ながら出来過ぎた流れだなぁと思います。

いやいや、そういう役割でこの世に生を受けてきたんだという教えもあるんですが、ちょっとぐらいは自分の努力や頑張りで現状があると言いたいじゃないですか。努力をするタイミングさえ決まってたんだという説もあるんですけどね。

さて、毎度のごとく前置きが長くなりましたが、染谷的運勢の向上法を3つにまとめましたのでそろそろ本題に入りたいと思います。

自分の能力を上げる

会社の社長とかのインタビューを見ると、「自分は運が良かった」というコメントが目に付きます。いやいや、運だけじゃないでしょうというツッコミを入れたくなりますが、もちろん運だけで物事がすべてうまくいくわけありません。

僕が今まで見てきた人の共通点として、運が良い人は基本的能力も高いことが挙げられます。能力が低くて運が良い人は見たことありません。要は自分の能力を向上させることで、運も良くできるんです。

能力が向上していて数多くの問題解決方法を知っていれば、それまでピンチだと思っていた現象がチャンスに見えてきます。低いステージ(力が弱く経験が浅いポジション)からだと解決方法がまったく見えなかったのが、高いステージから俯瞰で捉えるといろいろなやり方が見えてくるんです。能力を磨くことで多元的に物事を見ることができるようになるわけです。

ピンチに見えるかチャンスに見えるか。

実は起きている現象は一緒なんです。自分の力や精神状態によって見え方が違うだけなんですよね。能力が高い人からしてみたらこの世界はチャンスだらけに見えるでしょう。能力が低い人からしたらこの世界はピンチ続きでしょう。

こんなことも1年以上前に書いてますね。

自分より次元の高い世界は認識できないんだから、邪推や余計な心配なんかしてないで自分のできることをやりましょうというお話
ふと思うことを乱文で。 最近、自分の手の及ばないことを心配している人と会うことが多いんです。身近な例を挙げるとGoogle検索のアルゴ...

宝くじで10億円当たるのが運がいいわけではないんです。もし10億円手にしても、それを受け入れられるだけの能力がなければ、準備ができていなければ、その後の人生は狂ってしまうかもしれません。高額当選者を詳しく調べたわけじゃないので根拠はないんですが、よく調べればそうなんじゃないかな。

自分のステージを上げていくことで、出会う人も変わります。仕事の内容も変わります。僕もまだまだまだひよっこなので、これからも総合的に自分を成長させていきますと意識高めの発言をしてこの項目を終えます。

成功のリズムに乗る

自分を成長させるには何をしたら良いでしょう。

もちろん本を読むのもいいでしょう。セミナーに行くのもいいでしょう。ベンチプレスで100kg目指すのもいいでしょう。でももっと、意識して日々やっておきたいことがあります。

それは良いリズムに乗ることです。

人間の思考や体調にはバイオリズムがあります。良い状態の時もあれば、まったく気持ちが乗らない日だってあるでしょう。バイオリズムを意図的に上向きにすることで、成長スピードを促進させることができます。

とはいえ、特に難しいことをしましょうと言っているわけではありません。小さな成功体験を積み上げて、バイオリズムを上昇スパイラルに乗せればいいんです。成功体験なんてなんでも構いません。目覚ましよりも早く起きた、納得いく文章が書けた、人に喜ばれた、なんだって構いません。

この小さな成功を身体に感じさせることで良いリズムで行動することができるようになります。逆に何をやってもリズムに乗れない日は「なにもしない事」を成功させればいいんです。こじつけですけどね。

というわけで、これからも毎日の締め切りを守るという成功事例を身体に覚え込ませようと善処する次第であります。

運が悪い人(場所)の接触を避ける

可能であれば運がいい人と交流を深めることがベストです。でも運がいい人、能力の高い人にお近づきになれる機会はそうそうありません。もし関われたらその縁は本当に大切にしましょう。

で、この項の趣旨は運のいい人と仲良くなるのは大変だから、最低でも運が悪い人とは離れるように善処しましょうという点になります。

では運が悪い人ってどんな人でしょう?まぁ、今まで解説したように能力なくてリズムに乗ってないってのはそうなんですが、別にいま能力が低くても良くしようと頑張っている人は決して運が悪いとは言い切れません。それよりもこれから解説する3つの要素が垣間見える人とは、距離を置くと僕の経験的に良いかなぁと(2015染谷調べ)。

その3つの要素とは

・他力本願
・責任転嫁/自己優先
・被害妄想

誰かがやってくれると思っていませんか?自分のせいじゃないと思っていませんか?誰かが自分のことを悪く言っていると思っていませんか?人間ですからこの3つの要素がまったく無い人なんて存在しません。でも要素が強い人は存在します。

フィックスドマインドセットの人ってこの要素が大きいんでしょうね。

いつもランチを奢ってくれた先輩から学んだ、後輩にバトンを受け渡すという務めとマインドセットのお話
近ごろ思考系の記事が多い、根は真面目な染谷でございます。ほら僕ってこう見えて信号待ちしてるお婆ちゃんをおんぶして横断歩道渡ったり、元荒川で溺...

ちょっと怪しげな話になるのですが、この傾向が強い人はエネルギーバンパイア(エナジーバンパイア)と称される場合が多いです。簡単に言い換えると、関係する人たちのエネルギーを奪っていく存在です。「僕(私)にかまって」、「僕(私)は悪くない、だから話を聞いて」、「あの人が僕(私)のことを批判するからうまくいかない」といった口癖の人は周りに居ませんか?エネルギーバンパイアは、周りの人から生命力や気力、運気などのエネルギーを吸い取って自分のパワーにします。そして自分から周りの人にエネルギーを分け与えることはしません。

エネルギーバンパイアに関わることで、本来であれば能力を向上させる、リズムを整える方向に使えたはずのエネルギーを奪われてしまうのです。

人と同様に「場所」も気を付けましょう。運の悪い人が多いと感じられる場所にはなるべく近づかないようにしましょう。そして運のいい人が集まりそうな雰囲気の良い場所に(ちょっと背伸びするぐらいの気持ちでいいので)足を運びましょう。

ペニンシュラなどの高級ホテルのラウンジなんて手軽でいいかもしれませんね。特にペニンシュラホテル東京は風水理論を取り入れて、運気を考えた立地や設計がされていると聞きます。1500円ぐらいのドリンクで、非常に優雅な気持ちになれます。普段汚れまくっている心が洗われていくようです。

冗談はさておき、最初は物怖じするかもしれませんが、慣れるうちに自分の気持ちや運気も変わってきますよ。

長くなってきたのでまとめ

本当はもっと書きたいことあるのですが、締め切りを守るという大義があるのでひとまずまとめたいと思います。

運がいい人には人が集まります。そして仕事も集まります。結果としてお金が集まってきます。

逆に運が悪い人からは人が離れます。そして仕事が続きません。結果としてお金も寄ってこないのです。

言葉の力(言霊)も非常に重要で、悪い言葉、汚い言葉ばかり使っていると、その現実がやってきます。僕、学生時代は結構悲観的で「悪い予感なら外さない自信がある」ってのが口癖だったのですが、だからその望み通り悪いことが寄ってくるんですよ。自分で好んで引き寄せの法則を発動させているわけです。

常々「最高!」とか「ツイてる」とか「産まれてきてありがとう」とか言ってるのもこっ恥ずかしくて心地悪いのですが、敢えて悪い方向に行かず自己研鑚を図ることで運気をアップさせることができるはずなので、ぜひ誰か再現実験してみてください(おぃ

スポンサーリンク