Yahoo!プロモーションとFacebook広告を約71,000円使っての効果&コストパフォーマンスの検証。約10円で1アクセス呼び込める広告も!

シェアする

前回の記事でAmbitiousという雑誌に載せていただいたということについて書きましたが、書籍内で「有料広告はどのような効果が見込めるのか」という特集記事でも協力させていただきました。

実際にお金をかけてどれだけ効果が出たかという内容で、大枠の結果は書籍に載っているのですが、載せきれなかった細かい設定や状況について補足情報を載せていきますね。

Yahoo!プロモーション広告とFacebook広告について

そもそもYahoo!プロモーション広告とFacebook広告ってなんだよ?と思われる方のためにざっくりと。

Yahoo!プロモーション広告

Yahoo!Japanで検索するとこんな感じで検索結果が表示されると思います。この検索上位と右側に表示されているもの(赤枠で囲っている箇所)が広告になっています。

Facebook広告

Facebook広告とは、Facebookのウォール(タイムライン)と右側の箇所に表示されているものですね。

今回の企画は、この2種類の広告を使うことでどれだけの効果があるのかというのを計測していこうという趣旨になっています。

広告配信の結果

Yahoo!プロモーション広告

広告出稿期間:2014年11月13日2014年11月15日実質48時間

広告予算:1つのブログにつき、1日10,000円を目安。総額40,000円。

広告出稿ブログ:
SomeyaMasatoshi.jp

個人セッションについて
個人セッションの概要について1ページにまとめておきます。記載されている内容以外のサポートも可能ですので、ご不明点等あれば当記事の最下部のお問...
コンサルティングサービス提供ページヘの誘導(成約狙い)

Xperia非公式マニュアルZ
Androidスマートフォンの使い方ブログトップページへの誘導(アクセスアップ狙い)

結果:
SomeyaMasatoshi.jp
広告のクリック数:コンテンツマッチ 89/インタレストマッチ 25
1クリック単価:コンテンツマッチ 169円/インタレストマッチ 103円

Xperia非公式マニュアルZ
広告のクリック数:コンテンツマッチ 160/インタレストマッチ 23
1クリック単価:コンテンツマッチ 129円/インタレストマッチ 96円

Yahoo!プロモーション広告の効果

Yahoo!プロモーション広告の効果

Yahoo!プロモーション広告で使用したキーワード

今回は「ブログ 収益化」や「スマートフォン 使い方」などの幅広いキーワードでの出稿のため1クリックあたりの単価は高くなっているが、さらにターゲットを絞ったキーワード設定をすれば、もっとコストを抑えて効率よく集客することは可能と考えられる。ただし、広告出稿のストップとともにアクセスの流入は止まるため、継続的なアクセス増を見込むというよりも一つの商品やサービスを売るために広告出稿するという使い方の方が効果的だと思われる。なお、今回の広告出稿によるコンサルティングサービスへの申し込みは無し。

Facebook広告(いいね誘導)

広告出稿期間:
2014年11月11日11時45分~2014年11月13日11時50分 実質48時間

広告予算:
1つのFacebookページにつき、1日30ドル。総額120ドル。

広告出稿FBページ:
SomeyaMasatoshi.jp
https://www.facebook.com/SomeyaMasatoshiJp

Xperia非公式マニュアル
https://www.facebook.com/xperia.manual

結果:
SomeyaMasatoshi.jp
広告によるいいね数の増加・・・61
1いいねにかかる広告コスト・・・0.98ドル
その他相乗効果によるいいね数の増加・・・18
広告出稿前のいいね数325から出稿後は404へ。

Xperia非公式マニュアル
広告によるいいね数の増加・・・84
1いいねにかかる広告コスト・・・0.71ドル
その他相乗効果によるいいね数の増加・・・4
広告出稿前のいいね数1369から出稿後は1457へ。

Facebook広告の効果

予算および期間が短いため、Facebookページ経由からブログへの明確なアクセス数の増加は見られず。しかしながら、いいね数はストックされる要素なので、今後、増えたFacebookユーザーに対しても記事のシェア等で継続的にリーチすることが可能となる。また、継続的に広告を出稿し、いいね数を増加させることで、自分の発信力・影響力の底上げをおこなうことは充分に可能だと考えられる。

Facebook広告(ブログへの直接アクセス誘導)

広告出稿期間:
2014年11月17日6時5分~2014年11月19日6時00分 実質48時間

広告予算:
1つのURLにつき、1日30ドル。総額120ドル。

広告出稿URL:
SomeyaMasatoshi.jp(個別コンサルティング募集ページ)
http://someyamasatoshi.jp/consulting/

Xperia非公式マニュアルZ(ブログトップページ)
http://someya.tv/xperia/

結果:
SomeyaMasatoshi.jp
Facebook広告からのアクセス数:63
1クリック単価:0.95ドル
相乗効果によるいいね数の増加・・・0
広告出稿前のいいね数は変わらず。

Xperia非公式マニュアル
Facebook広告からのアクセス数:522
1クリック単価:0.11ドル
相乗効果によるいいね数の増加・・・26
広告出稿前のいいね数1457から出稿後は1483へ。

Facebook広告の効果

Yahoo!プロモーション広告と比較すると、圧倒的な低コストでブログへの流入が可能。個別のサービスへの申し込みになると流入数は減るが、それでも安い。ただし、受注までは至っていないので(Yahoo!プロモーション広告も同様だが)、成約を狙うにはさらなる研究が必要。純粋にアクセス増加を狙うのであれば非常に効果的。

Facebook広告の出稿方法

というわけで、コストパフォーマンスが際立って高かったFacebook広告のウェブサイト誘導のやり方について解説していきます。Yahoo!プロモーション広告は公式のラーニングポータルがあるので、そちらで勉強して下さい。

Facebook広告掲載手順

Facebook広告掲載手順

Facebook広告掲載手順

Facebook広告のページにアクセスするか、左側のメニューから広告の作成ページにアクセスします。

Facebook広告掲載手順

ウェブサイトへのアクセスを増やす
ウェブサイトでのコンバージョンを増やす
投稿を宣伝
Facebookページを宣伝
アプリのインストール数を増やす
アプリのエンゲージメントを増やす
イベントの参加者を増やす
クーポンの取得を増やす
動画の再生数を増やす

という様々なキャンペーンが用意されていますが、今回は「ウェブサイトへのアクセスを増やす」について解説します。誘導したいURLを入力すると、自動的に次の項目が表示されます。

Facebook広告掲載手順

広告キャンペーン名は自分の分かりやすい名称にしておけばOKです。

fFacebook広告掲載手順

Facebook広告掲載手順

広告でリーチするオーディエンス項目では、積極的にアプローチしていきたいエリアや年齢層、性別、趣味などを選択していきます。

Facebook広告掲載手順

続いて1日あたりのコストを設定します。自分の予算にあった金額を指定しましょう。

Facebook広告掲載手順

さらにFacebookのウォールに表示させる画像をアップロードします。後ほど書きますが画像にもルールが有り、そのルールに準拠していないと広告配信が許可されません。

Facebook広告掲載手順

Facebook広告掲載手順

Facebook広告掲載手順

必要項目の入力が終わったら広告のプレビューでどのように表示されるのかを確認しておきましょう。問題なければ「注文を確定する」ボタンを押せば完了です。

Facebook広告掲載手順

広告の審査に通過すればFacebook上に広告が表示されるようになります。

※ここでは書いていませんが、支払い(クレジットカードなど)設定をしておく必要もあります。

Facebook広告で使用する画像についての注意点

実は上の項目のプレビュー画面で表示している画像だと審査に通りませんでした。Facebookの広告ポリシーには、「画像の20%を超えるテキストを使うことはできません。」という項目があります。

広告の画像にはどのくらいのテキストを含めることができますか。

とはいっても20%ってどのくらいかわからないですよね。そこでグリッドツールという機能で画像内のテキスト比率を調べることができます。

グリッドツール

ただ・・・、このグリッドツールでいくら調べてみても、全部テキストだって言われちゃうんですよね・・・。僕の使い方が悪いのか、ツールの精度が悪いのかわかりませんが。なので個人的には審査で否認されたら、大丈夫そうな画像を差し替えて何回か申請してみることをお薦めします。いつかは通ります←

というわけで、だんだん面倒になったのでこんな画像で広告は出しました。

Facebook広告掲載手順

Facebook広告掲載手順

Facebook広告がイメージ写真ばかりなのは、こんな理由があったんですねぇ。

まとめ

広告出稿することで(当たり前ですが)アクセスを伸ばすことは可能です。ただ、アクセスを伸ばすだけでは意味がありません。リピーターを増やす、商品を売る、認知度を上げる、広告を出稿するにはいろいろな目的があると思いますが、常に効果検証をおこなって最適な出稿方法を模索しましょう。

そして大切なのは広告誘導先の内容です。いくら大量のアクセスを集めても、コンテンツが貧困であればお金をドブに捨てることになります。広告文の内容やキーワードだけでなく、骨太な情報を提供して広告効果の最大化を狙いましょう。また、無理して広告を出すことも止めましょう。余った(想定内の)お金で、成果の発生を加速させるために広告出稿することが好ましいです。

広告のご利用は計画的に。

スポンサーリンク