スマホ版サイトにGoolge AdSenseを配置する際のポリシー違反と新サイズの「ラージモバイルバナー」について

シェアする

はいどうも。何かの告知と食べ歩きしか書かない人でお馴染みの僕ですが、たまには多少役に立つようなタイムリーなネタでも書こうかと思います。

実は僕、そこそこGoogle AdSenseに詳しかったりするんですが、このブログではまったくその片鱗も出していないのでたまにはアドセンスのことについて言及します。はいそこ、AdSense Lifeでやればいいじゃんとか言わない。

さて、確か2013年10月末ぐらいに、Google AdSenseのヘルプページに以下のような内容が追加されました。

AdSense ポリシーに関するよくある質問

AdSenseを利用している人はこのページ自体、しっかり読んでおいて欲しいのですが、特に今回スマートフォン(ハイエンドモバイル端末)向けサイトについての広告配置について明確なポリシー違反の内容が追加されました。

Google AdSenseポリシー違反

「300×250サイズの広告ユニットを記事上部に配置することは、最初に表示された画面が広告に占拠されてユーザーの利便性を下げるのでダメですよ」ということです。Googleさんからやってくる怖い怖い警告メールでは「コンテンツを押し下げる広告配置」と記載されていることが多いようです(※メール内容には個人差があります)。

ヽ(`Д´)ノよく分からねぇよ!ウワァァン
という人のためにリスクを犯して自分のサイトで実例をやってみました。

スマートフォンサイトAdSenseポリシー違反例

要はこんな感じですね。上部に広告がでかでかと表示されて、メインコンテンツが見えづらくなっています。というわけで従来は「320×50モバイルバナー」という広告が推奨されていました。

いい感じのAdSense配置例

こんな感じで、縦幅が50pxなので、メインコンテンツが押し下げられていません。ただ、やっぱり広告サイズが小さいということは視認性やクリック率にも影響が出るんですよね。そこで、つい最近、こんなサイズのモバイル用広告が配信されました。

320x100ラージモバイルバナー

燦然と輝く「320×100ラージモバイルバナー」の文字。さっそくこれを貼り付けてみましょう。

ラージモバイルバナー配置例

ほうほう、大きからず小さからず絶妙なバランスではないでしょうか。

というわけで、スマートフォン対応させたブログやウェブサイトでGoogle AdSenseを利用している人は、収益の状況を見ながらこのラージモバイルバナーを活用してみてはいかがでしょうか。

【追記】
奇遇にも同タイミングでInside AdSenseにも大きなバナーについての記事が掲載されました。
新しい広告ユニット ラージ モバイル バナー(320 x 100)の提供を開始しました

このブログ、面倒くさくてスマホ対応させてないだなんて言えない…

スポンサーリンク

シェアする

SNSをフォローする

スポンサーリンク