大阪名物「かすうどん」の老舗KASUYAが埼玉に初出店。うどん好きは蓮田のドンキに集まれ。

シェアする

地元、蓮田(はすだ)市のMEGAドン・キホーテ歩いていたら、こんな看板がありまして。

kasuudon01

大阪名物、かすうどん!

おお!こういうB級グルメ感溢れる食べ物はしっかり押さえていかないと、地域活性ブロガー(初めて名乗った)として胸を張って生きていけません。嫁氏を誘って、さっそくリサーチに行ってまいりました。

なお、かすうどんと油かすという食材が具材に使われたうどんです。かすうどん発祥のKASUYAさんのウェブサイトに以下のような説明が載っています。

「油かす」とは大阪の南河内地方で昔から食されてきた郷土料理です。牛の腸を油でじっくりと時間をかけて揚げ、余分な油分が抜けて肉の旨味が凝縮された、美味でしかも栄養価も高い食材です。

まわりはカリカリと香ばしく、中はぷるぷるとした独特の歯ざわりが特徴です。この「油かす」を手間暇かけて開発した特製のダシを使ったうどんにトッピングしたものが当社オリジナルの「かすうどん」です。

油かすとは/KASUYA

もう、読んだだけでお腹が空くんだな。

kasuudon03

そんなわけで、MEGAドンキのフードコートに潜入。

kasuudon02

かすうどんは、かすうどん、肉かすうどん、ぼっかけかすうどん(牛すじ入り)、カレーかすうどんの4種から選べます。かす大盛りやネギ大盛りなどのトッピングも可能です。なんか焼肉丼系も旨そうだな。

kasuudon04

焼肉丼の誘惑を振り切り、かすうどん(かす大盛り)を注文。かけうどんの上に大量の油かすと、とろろ昆布が乗っています。うどんつゆに脂が溶けて、なかなかフォトジェニックです。

kasuudon06

こちらが主役の油かす先輩。皮の部分はカリカリで、脂の部分はぷるぷるの食感がたまりません。脂っぽさは全然なくて、噛めば噛むほど滲み出る深い味わいと、カリカリぷるぷるの食感が控えめに言って最高です。癖になる味なので、確実にリピーターになりそうです。

kasuudon07

うどんは柔らかめな食感です。そして出汁が本当に美味しいです。スープの表面を油かすから滲み出た脂がコーティングしていて全然冷めないので、熱々のまま最後まで飲み干せます。

kasuudon05

ちなみに嫁氏は牛すじ入りのぼっかけかすうどんを頼んでました。なんだか妙に赤く見えるのは、辛いものマニアの嫁氏バージョンなので人よりちょっと七味唐辛子が多めになっているだけです。

kasuudon08

牛すじもしっかり煮こまれており、プリップリで美味しいです。牛すじ x 油かすはかなりパンチが効いてたと嫁氏が言ってました。
 

KASUYAは関東だと町田店と蓮田店しか無いようなので、うどん好きな方はぜひ我が街蓮田まで足を運んでみてください(しっかしなんで蓮田の地を選んだんだろう)。

電車であればJR宇都宮線 蓮田駅より徒歩10分弱。上野東京ラインだったら東京駅から直通で50分弱、湘南新宿ラインだったら渋谷から直通で50分弱で到着します。

車であれば、東北自動車道蓮田サービスエリア下り線のスマートICで降りて10分程度。あるいは圏央道蓮田白岡IC、東北自動車道岩槻ICから15分程度です。

スポンサーリンク