東京ガーデンテラス紀尾井町「NoMad Grill Lounge(ノマドグリルラウンジ)」の熟成肉とシーフードで優勝してきたお話

シェアする

旧赤坂プリンスホテルの跡地に再開発された「東京ガーデンテラス紀尾井町」。

NomadGrill01 NomadGrill02

紀尾井町の中でも際立って新しいビルが空に向かってズドーンとそびえ立ってます。ビル&庭園全体でアートとのコラボレーションもおこなっているので、散歩に行くだけでも楽しめます(この辺は記事の最後の方に)。

NomadGrill03

で、「東京ガーデンテラス紀尾井町」の4階に2016年7月27日にオープンしたばかりの「NoMad Grill Lounge(ノマドグリル・ラウンジ)」があります。NoMad Grill Loungeは日本の食材の良さを伝えるステーキハウスと東京の夜景を楽しめるルーフトップバー&ラウンジが一体となったレストランです。

NomadGrill12

NomadGrill16

今回、嫁氏の◯◯回目の生誕記念日ということもあって、このできたばかりのNoMad Grill Loungeでお祝いをしてきました。

金の牛と熟成肉がお出迎え

ノマドグリルの入り口を入ると、ファラオというかツタンカーメンというか、とにかく派手な牛がお出迎えしてくれます。

NomadGrill18

紛れもなく牛ですね。そして通路をさらに進むと熟成肉が待ち構えています。

NomadGrill17

なんというインパクト。こういう雰囲気作りって重要ですよね。

シックな店内と開放的なテラス

ノマドグリルラウンジの特徴として、落ち着いた店内の雰囲気と、広々としたテラスにあるルーフトップバー&ラウンジ。

NomadGrill27

僕らの席はテラスに最も近い店内で、両方の雰囲気が楽しめました。

NomadGrill20

NomadGrill24

ルーフトップバー&ラウンジでは東京の夜景を眺めながらカクテルやワインを嗜みたいですね。なお、このラウンジにはDJブースも備え付けられており、DJ選曲(毎日ではないかもしれませんが)の楽曲も一緒に楽しむことができます。

いよいよ自慢のシーフードと熟成肉を

さて前置きが長くなりましたが、これからが本番です。ノマドグリルラウンジは子連れもOK(ドレスコードも無し)なので、息子氏も一緒にディナーです。

NomadGrill21

今回は12,000円のコースとドリンク、子ども用にアラカルトメニューを2品注文しました。

NomadGrill22

ワインのおすすめリストを見てみたらあらビックリ。先日伺った、勝沼醸造の白ワイン「アルガブランカ クラレーザ」が置いてありました。これ飲んでも良かったんですが、10月下旬に6本セットで届くので今回は我慢。

NomadGrill25

染谷家ではお祝いといえばスパークリングワインなので、息子氏のスパークリングコーラと一緒に乾杯です。

NomadGrill28

前菜の本日の2種のフレッシュオイスター。クリーミーソースとトマトベースのさっぱりとした味が優勝です。

NomadGrill29

パンももっちりとしていて、オリーブオイルの香りも芳醇でこちらも優勝です。

NomadGrill30

2皿目は17ヶ月熟成淡路島猪豚の切りたて生ハムのサラダ。赤身肉の旨味が凝縮しています。そもそも国産豚の熟成生ハムという設定の時点で三連覇です。

NomadGrill33

スパークリングワインが終わったので赤ワインのボトルを注文。今回、注文したのは「タン イン グルーヴ ピノノワール 2012」という銘柄で、エチケットが非常に印象的です。

メニューには「野心的かつコンセプチュアル」というキャッチフレーズとともに、

ニュージーランドのカンタベリーに誕生した新たなワイナリーで、20年来の親友達が集結することで誕生したスピリチュアルなブランドです。

と、分かったような分からないような解説文が載ってたのでお願いしてみました。ライトに近いミドルボディの赤ワインなんですが、スパイスかかった後味が特徴的でした。


●タン イン グルーヴ ピノノワール[2012] Tangue in groove Pinot Noir[2012]△

普通に買ってもそこそこいいお値段するワインなんですね。

NomadGrill35

続いては、テーブル上で最後の仕上げがされるスープです。オマールエビのビスクにカプチーノのように泡が盛られます。

NomadGrill36

その名もオマールエビのビスク カプチーノスタイル。海老の旨味がスープに凝縮しており四連覇です。

NomadGrill37

そしてメインディッシュの本日の特選和牛2種のグリル。これが入り口で吊られていたエイジングビーフなんでしょう。もう殿堂入り確定です。

NomadGrill38

旨い肉で満足していたら、一口サイズの仕上げの牛スジカレーが。この一皿が嬉しいですね。

NomadGrill39

そして嫁氏の誕生祝いのフルーツプレート。花火も勢い良くお祝いしてくれます。フルーツはいいですね。メインディッシュ&カレーでまったりした口の中をすっきりさせてくれますね。

NomadGrill40

最後にデザートとコーヒーで締め。40歳以上になるとこのぐらいのボリューム感がちょうどいいですね。

なお、こちらが息子氏用に注文したアラカルトメニュー。

NomadGrill43

NomadGrill44

「北海アサリのクラムチャウダー」と「漁港直送 本日の鮮魚のソテー シェフのおまかせのスタイルで」。コース料理だけでなく、アラカルトメニューも充実していますので、軽く雰囲気を味わいに行くだけでも充分楽しめます。

NoMad Grill Lounge(ノマドグリルラウンジ)の店舗情報

NomadGrill11

住所:東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 4F
アクセス:東京メトロ永田町駅 9a出口直結/東京メトロ赤坂見附駅より 徒歩1分
TEL:03-5226-1129
営業時間:ランチ 11:30〜15:00、カフェ11:00〜17:00、ディナー 17:30〜23:30、バー 17:30〜23:30
公式サイト:http://nomad-grill-lounge.com

東京ガーデンテラス紀尾井町は見どころいっぱい

東京ガーデンテラス紀尾井町には他にも見どころがいっぱいです。

NomadGrill05

敷地内各所に点在するアートや、

NomadGrill06

赤坂プリンス クラシックハウス(旧李王家東京邸)内のカフェなど、次回の記事では周辺情報を紹介していきますね。

スポンサーリンク