STARMARIE 単独公演~魔力が消える!~が終わり、次のステップに向かう彼女たちのために僕らができること


このブログや僕のFacebookやTwitterのタイムラインを追っている人はご存知だと思いますが、僕が全力で推しているSTARMARIEというアーティストが居りまして。

最初は僕一人でこっそりライブに行ってたんですが、気付いたら家族ぐるみでライブに行くようになってました。

STARMARIE 単独公演~魔力が消える!~

気付いたら最前列でリフトされるようになった8歳の息子氏ですね。強いですね。(※写真は特別に撮らせて頂いてるでこにくさんから許可を取って掲載しています)

STARMARIE 単独公演~魔力が消える!~

気付いたら自宅のスタマリグッズも充実してきましたね。嫁氏と息子氏はスタマリTシャツ持ってますね。強いですね。

で、先日の2015年11月3日、新宿BLAZEというライブハウスでワンマンライブが開催されまして、見事チケットを売り切って大成功に終わったわけです。ちなみにスタマリのワンマンライブでは初めてのソールドアウトだったそうです。おめでとうございます!

写真で振り返るSTARMARIE 単独公演~魔力が消える!~

ライブの模様(写真)はこの3ブログが臨場感と躍動感たっぷりに伝えていますので、ぜひご覧ください。独特な世界観と、撮影に厳しい環境がひしひしと伝わってきます。

あ、あと、スマホの通信量気にしている人はWi-Fi環境で見た方が良いです。読み手の通信環境など頭の隅にも入っていないぐらいの極限熱量で、膨大な量の画像を楽しめます。普通にアート写真としても美しいと思いますよ。

この3人の撮影機材って確かにすごいんですよ、バズーカみたいなレンズ何個も搭載してますし。この3人の体力って確かにすごいんですよ、2キロとかある前方重心(レンズ長いから)のカメラ持って2時間も動き回りますし。この3人の集中力って確かにすごいんですよ、長丁場のライブの中一瞬の撮影チャンスを求めて目を光らせてますし。

でもね、それができるのって「好き」という感情が為せる技だと思うんです。スタマリが好きだし、スタマリの良さを広めたいというという気持ちですよね。

通りすがりのオタクさんがこんなこと呟いてますが、まさにこの義務感にも似ている強い想いですよね。

楽曲で振り返るSTARMARIE 単独公演~魔力が消える!~

期間限定でスタマリの新曲(2曲)が無料配信されています。今回のライブのタイトルとテーマはこの新曲に合わせて「魔力が消える!」。スタマリのライブって一つのテーマからライブのストーリーを構成して、歌うべき曲を選択していくというスタイルなんですよね。だからこそ独特の世界観が浮き上がってくるんでしょう。

最近、この界隈に巻き込まれた通りすがりのオタクさんもこのように感想を述べております。

こちらが新曲の「魔力が消える!」。

魔力が消える!
作詞:yusuke.t 作曲,編曲:hanawaya(CWF)

また更新ができるなら 話したいことがあるんだ
あと少し この魔力が消えるまで そばにいて
もう1年 もう1年あげる

先生に呼ばれて駆けつけた
“彼女の最後を看取るように”
泣かないで それより化粧して

平気さ 僕は魔法使いだ
ほら 時計を止めて 逃げ出そう

誰よりも愛しいよ 永遠を妬んでるよ
あと少し この魔力が消えるまで そばにいて
僕は言わない 何も言わないから もっと聞かせて欲しいよ
更新を済ませたら 初めて会った日のこと話そう
もう1年 もう1年あげる

悪魔が突然現れて
僕は迷わずにサインした
あの契約書の秘密とは

“あなたの1年で彼女の1時間と交換しよう”

大好きなデザートも 豪華なメインディッシュも
全部あげる 君が食べるの見てるだけで幸せ
僕はいらない 何もいらないから もっと大事に使いたいよ
更新を済ませたら 喧嘩した日のことも話そう
もう1年 もう1年あげる

たくさん更新したから たくさん年をとっていった
上った坂道 下った坂道
過ごした日々 その尊さ知った時は もう遅かった

誰よりも愛しいよ 永遠を妬んでるよ
あと少し この魔力が消えるまで そばにいて
何も聴こえない 何も見えないから せめて感じていたいよ
更新ができないよ 何度も申し込んでいるのに
もう全部 もう全部あげる

怒られたら消すけど←、新曲「魔力が消える!」の歌詞がこれ。アイドルという枠組みではない、STARMARIEという一組のアーティストの世界観が少しでも伝わると嬉しいです。

こちらがカップリングの「屋上から見える銀河 君も見た景色」。この曲の歌詞もやばいから興味があったら下のリンクから歌詞を覗きに行ってください。

次回の渋谷O-EAST、赤坂BLITZのキャパは今回の1.5倍

ライブ終わりに2016年のライブスケジュールが発表になりました。

まずは2月に渋谷のO-EAST、そして東名阪ツアーの締めくくりとして4月の赤坂BLITZ。この2会場のキャパって約1,300人なんです。今回の新宿BLAZEが約800人のキャパらしいので約1.5倍の集客が必要になるわけです。

6月22日のワンマンライブで、のんちゃんが「ファンのみんなを絶対に武道館に連れていくからね!」と宣言して、その願いを叶える一つめのステップとして新宿BLAZEライブのソールドアウトがあったんです。このチケットを売るのだって、彼女たち自身が先頭に立ってがんばってました。

とにかくがんばって、ようやくライブ1日前にソールドアウトしたんですよね。次回、次々回は二つめのステップとしてその1.5倍の努力が必要になるわけです。

でもね、ちょっと思ったんですよ。確かに1300人って数値だけ見ると高い山に感じるかもしれないですけど、新宿BLAZEに来てくれて、満足して帰ったファンが友人を一人連れてくるだけで達成できる数値なんですよね。僕みたいにブログで発信してると、インターネットって飛び道具的にいろんなところまで拡散できると思われがちですけど、少しだけ興味喚起ができる程度なんですよ。

本当に大切なのって、近くの人に自信を持って「すげぇ楽しいライブがあるから一緒に行こうよ」って声かけることだと思うんです。いまのスタマリちゃんたちに必要なのってその一言のような気がしますし、スタマリちゃんのパフォーマンスだったら自信を持って誘えると思うんですよ。

なので、僕も今回のライブには友人を何人か誘ってます。来てくれた彼ら彼女らが満足してくれると僕も嬉しいし、その楽しさの感情って伝播するはずなんです。

しめしめ。

というわけで、ゴリさん!2016年2月19日、今から空けといていね!!

8周年のスタマリと8歳のちっちゃなオタク

余談なんですけど、いや、僕の文章なんて余談が9割なんですけど、息子氏の誕生日って6月下旬なんですね。それでスタマリちゃんの結成日って7月なんですよ。さらに今の5人体制になった日って2014年6月22日なんです。先日のライブでパフォーマンスを見ながらふとこの偶然に気付いたんですが、いやぁすごい縁だなあと。え?7月と6月は違うだろって?そんなの誤差ですよ誤差。

スタマリが8周年なら息子氏も8歳、スタマリが成人式を迎えたら、うちの子も20歳なんですね。息子氏がチヤホヤされる魔力はあと数年で消えると思いますが、スタマリの魔力はまだまだ消えないし、もっと大きなファンタジーを観せてくれることでしょう!

ごめたん。