「とりかわ粋恭」で食べる、福岡名物の外側カリカリ内側ジューシーの鶏皮グルグル巻が絶品だったお話

シェアする

先日、お仕事兼友人に会いに福岡に行ってきました。で、以前から福岡に行ったら食べたいご当地グルメがありまして、それが「秘密のケンミンSHOW」で紹介されていた、カリッカリのとり皮(焼き鳥)です。

関東圏のとり皮とはまったく違う、仕込みに数日掛けている福岡のとり皮、あぁ、福岡のとり皮。というわけで、友人ががんばって予約を取ってくれました。ありがたやありがたや。

torikawa01

今回行ったお店の「とりかわ粋恭」。お店の前で気付いたんですが、タムカイ先生のブログで紹介されてたお店ですね。

torikawa04

早速、お目当てのとり皮を注文。この日は一人8本までの数量制限がありましたが、6人で行ったので48本限界まで注文しました(これで30本)。なお、一本130円です。

torikawa05

うむ、絶景です。

torikawa06

これが福岡のとり皮。串に巻きつけた鳥皮を何日も掛けて炙り、乾燥させ、また炙り、余計な脂を落として旨味だけを凝縮させた一串になっています。

torikawa07

カリッカリの外側とは対象的に、内側はジューシーな食感です。この対比が癖になって、8本とか余裕でいけちゃいます。あぁ、また食べたくなってきた。

もちろんとり皮以外のメニューも絶品です。

torikawa08

友人お薦めの豚バラ串。鶏とは違ったジューシーさでビールに良く合います。

torikawa09

とり身おいしゅうございます。

torikawa10

えんがわおいしゅうございます。

torikawa11

ソーセージおいしゅうございます。

torikawa12

軟骨入りつくねおいしゅうございます。

torikawa02

torikawa03

合間に食べるキャベツや酢モツおいしゅうございます。

torikawa13

タムカイ先生のブログで紹介されていた長芋、外側カリカリ、内側サクサクでおいしゅうございます。

torikawa14

締めのクリームチーズ巻きおいしゅうございます。

 
昨日のブログはやたら文字が多かったんですが、今日のブログは写真多め語彙力低めでお届けしました。あー、また行きたい。

関連ランキング:焼き鳥 | 薬院大通駅薬院駅渡辺通駅

スポンサーリンク