一緒に故郷を応援しよう!第二回ふるさと甲子園公式スポンサーの募集を開始しました


以前の記事でも軽く触れていましたが、第二回ふるさと甲子園の公式スポンサーの募集を開始しました。

スポンサー募集要項も添付させていただきますので、理念に共感していただける方は、ぜひ支援のご検討をお願いします。あるいは取引先などでで興味を持ってくれそうだから、担当者を紹介したいというお話でも大歓迎です。

第二回ふるさと甲子園スポンサー募集要項

第二回ふるさと甲子園スポンサー申込書

公式サイト下部にもスポンサー募集要項、および申込書が添付されています。

不明点等あれば事務局、あるいは私の問い合わせフォームに質問を投げてください。

スポンサー募集要項

スポンサー特典

【プラチナスポンサー】 100万円
○3社(団体)限定
○雑誌「ロケーションジャパン」 1/3ページ掲載権
○ステージPR権(3分 x 二部)
○チラシ配布権(PRブースに配置)
○ふるさと甲子園ロゴの1年間使用権
○公式サイトにバナー掲載
○公式ブログにて紹介(500文字程度+ロゴ+画像2点まで)
○4名様分のチケット

【ゴールドスポンサー】 30万円
○27社(団体)限定
○ふるさと甲子園ロゴの1年間使用権
○公式サイトにバナー掲載
○公式ブログにて紹介(500文字程度+ロゴ+画像2点まで)
○2名様分のチケット

【シルバースポンサー】 5万円
○公式サイトにバナー掲載

※応募内容を確認させていただき、事務局内で審査の上、掲載の可否をご連絡させていただきます。

提出書類

①別添の申込用紙
②会社案内、あるいは業務内容が分かる書類

その他

スポンサー費用の10%を被災地への義援金として充当いたします。

インフラスポンサー

金銭的な協賛以外にもシステム、サービスを提供していただける方も募集しています。

・通信環境(Wi-Fi)
・ソフトドリンク
・アルコールドリンク
・エコバッグ(紙袋)

これらのサービスを提供して頂いた場合は、「インフラスポンサー」という名称で公式サイトにてご紹介させていただきます。スポンサー権利としてはゴールドスポンサーと同権利を提供させていただきます。

スポンサー募集に関する個人的な考え

どんなに社会的意義の高いイベントでも、ビジネス的に赤字になってしまう事業は長続きすることはできません。今回、スポンサーの支援による予算を得ることで会場費の充当、ボランティアスタッフの負担軽減(交通費や保険)、被災地支援の義援金に使用する予定です。予算を効果的に活用することにより、スタッフも安心してやるべきことに取り組め、出展者にも来場者にも満足してもらうことができます。

なお、僕も含めですが運営スタッフは完全にボランティアとして活動しています。面白いことやりたい、お祭り大好き、自分の経験値に加えたい、さまざまな想いはあるでしょう。でも共通の想いとして、「地域を活性化させたい」という意識のもとに集まってくれたメンバーたちが日々がんばって一つ一つ組み上げています。先にも書きましたが、イベントの理念に共感してくれて、応援したいと感じてくれた法人(個人)の方、ぜひご検討ください。
 

あと、さらにこれは僕個人的な感想なのですが、観光庁/復興庁/松竹株式会社の後援が確定、農林水産省/総務省/経済産業省/国土交通省の後援にも申請しているイベントのスポンサーになれる機会はそれほど多くないと思いますよ~。