無知と怠惰は騙される

毎年のようにネットビジネスで騙されたというニュースが流れてきます。

インターネットを使った商売の一番のメリットは金銭的リスクが小さいという点が挙げられるのですが、なぜか高額のセミナーに参加させられてたり、高額な入会金を支払っていたり、技術力のかけらも感じられないウェブサイトを相場の何倍もの金額でお願いしていたりする人が絶えません。

その裏には「楽して」「こっそり」「稼ぎたい」という心理が働いているのだと思います。楽をしたいということは、学びたくないという要素が含まれます。でも欲があるので、理解しないまま行動に移しちゃうんです。自分だけいい思いをしたいから、誰にも相談しないんです。
 

僕は単著デビュー作の「ブログ飯」から、単著最新刊の「複業のトリセツ」まで一貫して、うまい話には気をつけろと言っています。

働き方改革や複業という言葉が認知されてきた時代に、「インターネットビジネスはやっぱり怪しい」と思われるのは非常に残念なので、ブログ飯、複業のトリセツから「ネットビジネスにはびこる怪しい話(別にネットビジネスに限った話じゃないんですが)」について書いた内容を公開します。

この情報が一人でも多くの目に留まるといいな。

高額を支払う前に

高額な勉強会に参加する場合はその場の勢いで申し込まず、しっかりと内容を吟味して参加するかどうかを決めましょう。特に「誰にでも」「楽に」「稼げます」というようなフレーズを多用している勉強会は要注意です。

今までも解説してきましたが、誰でも楽に稼げるということはまずあり得ません。そのような勉強会や塾を運営している人は人間の射幸心を煽るのが非常に上手ですから、セールスページ内での訴求がとても上手いです。

大概にしてそのようなセールスページには自分の運営しているブログやウェブサイトは掲載していません。掲載してしまうと簡単に真似されてしまう可能性が高いからです。簡単に真似されるということは、その手法を利用したブログなどが氾濫し、すぐに価値のない情報になってしまう可能性が高いわけです。

そのような儲かる系の勉強会に数万円、数十万円支払うのであれば、同じ金額分の書籍を買ったり、普段は泊まらないようなホテルを利用した旅行をしたりして自分自身の経験値を上げることに活用した方が将来的にあなたの力になります。

4章第6項に「稼いだ金は全部使え」と書きましたが、お金の使い方もしっかりと考え、自分自身の力を向上させるという点にフォーカスして、限られた資源を有効活用していきましょう。間違えても借金までしてまで、有料の勉強会に行ってはいけません。

ブログ飯第4章より

悪質な業者・商材に騙されないためには自己防衛しかない

いままで副業のメリットや、スキルアップ・人脈構築の大切さについて述べてきましたが、残念ながら前向きな話ばかりではありません。副業を始めた当初には必ず落とし穴が付いて回ります。

その落とし穴の代表的なものが副業詐欺・在宅ワーク詐欺です。起業したばかりの経営者にも似たような環境は現れます。要は経験の薄い、知識の少ない人から搾取しようとしている人間が一定数存在するということを認識しておく必要があります。とはいえ、注意さえしておけば恐れることはありません。

独立行政法人国民生活センターでは2009年に「アフィリエイトやドロップシッピングに関する相談が増加!‐「簡単に儲かる!」? インターネットを利用した“手軽な副業”に要注意‐」という注意喚起文を出しています。10年経った今でも同様の相談が絶えません。昔から情報弱者をターゲットにした副業詐欺は存在しています。

上記のURLにも記載されていますが、以下の2点が副業詐欺の典型的なパターンです。

・「必ず利益になる」「月収○万円は確実」など利益を保証するかのような勧誘を行う
・ウェブサイトの作成などに高額な費用がかかる

第三章で詳しく解説しますが、アフィリエイトやドロップシッピング自体は単なる販売システムの総称で、そのシステム自体に善悪はありません。包丁と一緒で素晴らしい料理を作るためのツールになるのか、人を傷つける凶器になるのかは使う人次第なのです。

悪質な業者・商材に騙されないためには自己防衛しかありません。知識を付けて、怪しい話には同調しない。ただこれだけで避けることが可能なのです。「話を聞いてみたらなんか儲かりそう」、「みんなサインしているし自分もちょっとだけやってみよう」といった思考停止状態になってしまうのが危険なのです。

迂闊に騙されないためには知識を付けようと書きましたが、自分の中でルールを作っておくことも効果的です。私は副業詐欺に遭わないために、以下のルールを設定しています。
 

・勉強会やセミナーは数千円のもので充分
・(特にインターネット業界)副業に高額な初期投資は必要ない
・無料イベント参加後に高額教材(スクール)をセールスしてきた時点でアウト
・「誰でも簡単に稼げる」や「ほったらかしでOK」というフレーズがでてきた時点で詐欺
・セミナーや勉強会で知り合った人間を信用しすぎない
・10万円以上の高額セミナーに参加するなら、同じジャンルの書籍を同じ金額分買って読む
・敢えて高額セミナーに参加するなら、自己責任で費用以上の学びを得ると覚悟を決める

 
商売をするなら「ホームページは必要じゃないか!」と思われる人もいらっしゃると思います。もちろん、ホームページはあるに越したことはありません。ここで言いたいのは、「高額な」初期投資が必要ないということです。ホームページ業者にいきなり50万円100万円支払ってホームページを作る必要が無いということです。

三章で詳しく解説しますが、インターネット上には無料で利用できるサービスが数多くあります。Googleが提供するサービスを利用すれば、簡素ではありますが、無料で自分のウェブサイトを制作することも可能です。多少、書籍などで勉強する必要はありますが、URLを取得し、サーバーを借りて自分でウェブサイトを作った場合、年間経費は10,000円ほどで済みます。オンラインショップを運営する場合でも、初期投資0円で利用できるサービスは複数あります。

知識さえあれば無駄なお金を使う必要はありません。楽しようと思うから、大切なお金を騙し取られてしまうのです。

あまりにも殺伐としていると感じるかもしれませんが、油断しているといつの間にかお金は減っていきます。本業で稼いだ資金を有効に活用し、副業によってさらなるチャンスを広げるために、余分なお金を流出させるのはできるだけ避けましょう。

複業のトリセツ第1章5項より

学びのバージョンアップをしよう

「自分は過去に信頼できる先生から学んでいるから大丈夫」という人もいます。

でも、その先生の教えがすべて正しいでしょうか?
でも、その知識が今でも使える内容でしょうか?
でも、その安心感に依存して新しい知識を得るのを忘れてはいませんか?

時代はものすごい勢いで動いています。普遍的な情報もあれば、すぐに使えなくなってしまう情報もあります。

学んだ知識が正しいかどうかは実践してみないとわかりません。そして時代によって変化していくことを認識しておかないといけません。

一回学んだ知識に固執してしまって、時代に乗り遅れてしまうことはよくあります。

知識と熱量があれば資金は増やせる

複業のトリセツの本文内に「知識さえあれば無駄なお金を使う必要はありません。楽しようと思うから、大切なお金を騙し取られてしまうのです。」という文章を書いていますが、知識があればお金を失うどころか、生み出すことも可能になります。

昔にこんな記事も書きました(ブログ飯のボツ原稿)。

情報の少ない方から多い方へお金は流れます。そしてお金は少ない所から多い所に集まる傾向があります。お金がある人は、そのお金で人を雇ったり、知識や経験を得るために使ったり、投資をしたりして、自分一人ではできないようなことをお金というレバレッジ(てこの力)を有効活用することでさらにお金を稼いでいきます。
 

資本主義はお金を持っている人が有利になる社会ではありますが、知識があれば資本は調達してこれるんですよ。クラウドファンディングが良い例です。

出資者の未来が豊かになる知識(メソッド)があって、それに熱量をたっぷり加えて、読み手の心に訴えかける言葉に変えるスキルがあればお金って集まるんですよ。お金だけじゃなくて仲間も集まります。この辺り詳しく話すと2時間のセミナーになるので割愛しますが、知識があればお金はなんとかなるのが資本主義の原理でもあります。

知識をつけて自分の意志で人生を歩むのか、誰かの知識を信じて流される人生を歩むのか、あなたはどちらを選びますか?