テクノロジーの進化による技術的失業の一部を体感した話

働きたくないでござる