原点回帰

新年あけましておめでとうございます。

という挨拶をしつつ時すでに1月7日なのですが、毎年年初に今年のテーマを公開しているので今年もその流れに乗って2019年について書いていこうと思います。文字にしておくことでアンテナが立って叶うんですよね。

↑過去4年間の記事がこちら。

2019年のテーマは「原点回帰」

この記事のタイトルにもしていますが、2019年は原点回帰を1年通じてのテーマにしました。

原点回帰を辞書で調べると

基本に立ち返ること。初心に立ち戻ること。そもそもの事の起こりに再び忠実になること。

という説明になっています。というわけで、僕を構成する3つの要素について原点回帰させることにしました。その3つとは、「インターネットビジネスの原点回帰」「働き方の原点回帰」「人としての原点回帰」です。

インターネットビジネスの原点回帰

ここ数年、講演したり、イベントを手伝ったり、本を書いたり、コミュニティを運営したりと、さまざまなことをやってきました。

結果として疎かになっていたのが、僕の原点であるブログです。

染谷昌利公式ブログ」、「複業のトリセツ サポートサイト」、あと、メンテナンスやるやる言ってて全然できていなかった「英語学習(スピードラーニング)サイト」。

この3つのブログを年間365記事、新規 or リライトで充実させていきます。参考書はGoogle AdSenseマネタイズの教科書です!

Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]

Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]

のんくら(早川 修), a-ki, 石田 健介, 染谷 昌利
1,998円(08/26 18:51時点)
発売日: 2018/11/20
Amazonの情報を掲載しています

働き方の原点回帰

僕、会社員を12年間経験してるんですが、その中でも一番長いキャリアが人事系(採用や制度設計)です。人事系業務に7年以上従事しており、新卒・中途採用合わせて20,000人近い人数を面接しています。

なおかつ、3社目では人事担当を離れた後に、なぜか労働組合の立ち上げ業務をさせられてという大切な業務を与えられ、東証一部上場企業の労働組合の書記長も務めてました。

人事経験を元に書いたこの記事もプチっとバズりましたね。

おもしろいことに2018年は、フリーランスでありながら(法人化はしていますが)人事関連の方々との出会いやコラボが非常に多い年でした。

「複業」「パラレルキャリア」という言葉も一般化してきており、新しい働き方を模索する企業も増えています。

僕が会社員だった時代は副業なんてこっそりするもんだったんですよ。それが今では政府も副業解禁に舵を切り、書籍や雑誌でも普通に取り上げられるようになりました。

複業のトリセツ(DMM PUBLISHING)

複業のトリセツ(DMM PUBLISHING)

染谷 昌利
1,620円(08/26 17:36時点)
発売日: 2018/09/28
Amazonの情報を掲載しています

複業のトリセツもすごく良いタイミングで出版できたと思います。

お陰様で複業(副業)の専門家として、昨年に週刊SPA!、今年早々に女性セブンでもコメントを載せさせていただいています。

まだ複業という言葉も無く、副業をこっそりやっていた人事担当者の僕とすれば、2019年は「複業」を徹底的に広めていく活動に力を入れていきます。

結局、この働き方が僕の原点なんですよね。

人としての原点回帰

最後に人としての原点回帰です。

人間ってそもそも重いものを持ち上げることに喜びを見出す生き物なんですよ。諸説あると思いますが、少なくとも僕のルーツはそうです。

重いもの、そう、ベンチプレスですね。

2019年はベンチプレスで100kg持ち上げることを最低限の目標とします。

現状が70kg 8回なので、1月中に70kgを10回にします。そうすると75kgが6~7回上がるはずなので、2月中には75kgも10回クリア。

するとするとあら不思議、80kgも6~7回上がるようになってるので、じっくりゆっくり4月までに10回上がるように仕上げます。なんということでしょう、80kgが10回上がる状態になると、100kgが1回上がるチャンスを掴めるようになります。

というわけで、2019年終わる頃には110kgが見えてくると思いますので、今年も何卒よろしくお願い申し上げます。

余談:書き初めしてみた

息子先生の学校の宿題で毛筆があったので、数十年ぶりに筆を執ってみました。コピー用紙に書いてるのでバランス悪いですが、久しぶりに筆で書くとマインドフルな感じでいいですね。