カイエン買いました(9年ぶり2回目)

先日、9年160,000kmを一緒に走り抜けたカイエンを売ったという話を書きました。

で、ほぼ同じやつを中古で買いました←

左側のが今まで乗ってたカイエン。右側が今回買ったカイエン。

奥側が今まで乗ってたカイエン。右側が今回買ったカイエン。

今まで乗ってたカイエンが2008年12月初回登録モデル。今回買ったカイエンが2009年1月初回登録モデル。そう、ほぼ同じヤツを中古で買いました。テスラモデル3もどうせ2019年まで来ないだろうから、しっかり2年以上乗れるような車を探した結果、こうなった次第です。

 
ちなみに車体価格が268万円、ボディコーティング、ヘッドライトクリスタル加工、車検、税金、諸費用コミコミで312万円でした。

中古なのに高いと思います?

でも実際はそんなこと無くて、こないだまで乗ってたカイエンが下取りで50万円じゃないですか。で、ほら、遅くても2年後にはテスラモデル3が手元にやってくるじゃないですか。そうなると新しく買った中古のカイエンも80,000km程度で手放すわけです。そうなると低く見積もっても112万ぐらいで売れると思うんですよ。

となると150万円で2年じゃないですか。2年と言えば730日です。1日205円ですよ、ビール一缶より安いじゃないですか。350mlなんて一瞬で消え去るじゃないですか、一瞬で消え去るイコール実質無料ですよ。

【修正】指摘があったので修正します。計算すらできない頭おかしさについて謹んでお詫び申し上げます。

となると150万円で2年じゃないですか。2年と言えば730日です。1日2,050円ですよ、地元の銘酒「神亀純米上槽中汲酒」より安いじゃないですか。日本酒720mlなんて一瞬で消え去るじゃないですか、一瞬で消え去るイコール実質無料ですよ。

無料なんだったら躊躇なくポチるしか無いですよね。

スポンサーリンク

前回と今回の違い

とはいえ、人間の双子でも多少の違いはあるもんです。まったく同一の車体だなんてあるわけがありませんので、その違いを羅列していきます。

走行距離

売却時走行距離162,000km。

購入時走行距離59,000km。

距離的に随分、若返りました。

アルミホイール

前回はカイエン(3.6)標準。

今回はなぜかカイエンターボのホイールが履かれてます。

ヘッドライト

前回のは経年劣化で白く曇ってます。

透明なライトカバーに戻りました。今回はクリスタル加工をしたので、しばらく曇ることもなさそうです。

パークアシストシステム

パークアシストシステム(センサー)が今回のカイエンには付いてませんでした。

というわけで、センターコンソールもなくなっています。

ドライバーメモリーパッケージ

うちのカイエンは鬼嫁先生も乗るので、シートセッティングが都度都度必要なんですね。

で、その手間を省くために前回のものにはドライバーメモリーパッケージという、シートポジションやミラーポジションを覚えておいて、ワンタッチでセットされるシステムを入れてたのですが、今回のカイエンには付いてなかったです。

内部・シート

パッと見は一緒ですが、

前回はヘッドレストにポルシェクレスト(エンブレム)を入れてました。意外とオプション付けてたんだなと実感しています。

ナンバー

最後にナンバー。さすがに写真は撮ってないのですが、地域名と一連指定番号(メインの4桁)は一緒です。分類番号(地域名の横の3桁)と平仮名は選べないので変わってるんですが、近所の人が見ても車を買い替えただなんて気付かないでしょう。

ざっと、このくらいですかね。比べれば比べるほど似ていて、中古車店の担当さんも「こんな買い方した人初めてです」って言ってました。僕もそう思います。でも、2年以上楽しめそうなので、良い買い物だったと思います。

あ、そうそう

君のような勘のいいガキは嫌いだよ