革命のファンファーレは、集客・お金・仲間集めに困っている人は読んだほうがいい、いや読め!

もう読んでる人も多いと思いますが、西野亮廣氏の「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」を遅ればせながら読みました。

普段、僕ってそんなにべた褒めしないんですよ。なぜなら、べた褒めし過ぎると逆に怪しく感じるからです。

どんな商品でも良い点・足りない点はあるもので、それを(多少の贔屓をしながらも)公平に判断して感想を載せることで、ブログ記事を読んでくれる人の信頼を得られると思っているからです。確かブログ飯や他の本でもそんなこと書いてたはずです。

でも今回は敢えてべた褒めします。久々にカナカナと震えるレベルで良かった書籍です。なのでカナさんじゃない方の西野氏の主張が苦手という方は、そっとブラウザを閉じてください。


革命のファンファーレ 現代のお金と広告

 
 
 
 
 
 

さて、西野さんが苦手な人はここまでたどり着いてないですよね。では本題に入ります。

結論から言うと、その辺りのマーケティング本やランディングページ本を読むよりも数倍は勉強になります。

自分で似たような活動を少しでもやったことがある人は、実体験と照らし合わせて響く箇所が多いと思います。あまり動いていない人が読むと空論に聞こえてしまうかもしれません。そんな類の書籍です。

文量は決して多くなくて、じっくり読んでも1日かからないボリュームですが、モノを創るということ、売るということ、信用を積み上げるということ、仲間を増やすということなどなど、全力で頷いて首が痛くなる箇所ばかりです。
 
当事者として考えるとほとんどの項目が響いてくるんですが、特に頷き過ぎて首がもげそうになった項目は以下の箇所です。

・他人と競った時点で負け。自分だけの競技を創れ。

→僕も時々言ってる独自性と場作りの話です。他人のルールやプラットフォームで戦うから消耗するんですよ。わざわざ他人の決めたルールの場所で競わなくても、自分の土俵で、得意分野で勝負すればいいわけです。

【参考】

・お金を稼ぐな。信用を稼げ。「信用持ち」は現代の錬金術師だ。

→信用(コミュニティ)さえあれば、後からお金はいくらでも生み出せます。強固なコミュニティを作ることこそが、今の時代には必要なんです。

【参考】

・作品の販売を他人に委ねるな。それは作品の「育児放棄」だ

→作者は最強の営業担当でもあります。自分で生み出した作品を、自分で大きく育て上げるのは当然です。

【参考】

他にも…

・インターネットが破壊したものを正確に捉え、売り方を考えろ

→僕も構造を捉えるのは好きなんですが、ここまで言語化してなかったですね。

・ネタバレを恐れるな。人は「確認作業」でしか動かない。

→人間って損したくないんですよ。良いって確証を得てから行動したいんです。注射でも「痛かった?痛かった?」って聞くじゃないですか(ちょっと違う)。

・お客さんは、お金を持っていないわけではなく、お金を出す「キッカケ」がないだけだ

→ホントこれで、ブログやSNS、口コミで「興味」というキッカケを自分で作っていかなければ認知されないんです。僕もこの革命のファンファーレ 現代のお金と広告えんとつ町のプペルはずっと気になってたんですが、手が伸びてなかったんです。ただ、とあるキッカケ(これに関してはいずれ別記事で書きます)があって読んでみたわけです。もっと早く読めばよかった。

ちなみに内容に共感できたらもっと早く読めばよかったと後悔するし、内容が合わなかったら買わなきゃ良かったと後悔するわけです。人間なんてワガママなもんです。

・売れない作品は存在しない。キミの作品が売れないのは、「キミが売っていない」だけだ

→ホントそれ。育児放棄の項目と同じですが、大切なことなので表現を変えて2回言ってますね。

・踏み出す勇気は要らない。必要なのは「情報」だ。

→ぼく、踏み出すためにちょっとの勇気とルール化が必要だって言ってたんですが、確かに情報武装すれば勇気すら必要ないなと。本を読んで、僕の中で固まっていた概念を壊されるのは楽しいです。

この辺の内容が熱量高く、そして時折ユーモアを交えて300ページ弱綴られています。使っているフレーズが妙にかっこいい場所があって、この言葉選びは身に付けていきたいと感じました。

研ぎ澄まされたメッセージはモチベーションに直結するんですよね。読後の高揚感って行動のエネルギーになるんです。

本書に書かれている内容は僕も意識的にやっている部分もありましたが、西野亮廣氏の行動量は桁違いだなぁと感じました。というわけで、これまでの試行錯誤と結果が惜しみなく公開されていますので、まだ読んでない方はぜひ手にとって見てください。超オススメです。