【16日→17日に変更】ワードプレスにチャレンジしたいけど、どうしたら良いのか分からない人必見!「はじめてのブログをワードプレスで作るための本」が9月17日に発売されます

世の中にはたくさんのブログサービスがあります。

無料ブログサービスとして有名なところだと、アメーバブログ、はてなブログ、ライブドアブログなど。無料ブログでも文章を書いたり、読者と交流を図ったりすることは全然問題ありません。

でも、もう一段ステップアップしたい、自分の好きなようにブログを運営したいと思ったら、ワードプレスにチャレンジする必要があります。

とは言え、独自ドメインとかサーバーとか、そもそもイチから自作するなんて自分には無理なんじゃない?と思っている人も多いと思います。この『はじめてのブログをワードプレスで作るための本』は、そんな不安を抱いている「明日のブロガーを目指すあなた」のための本になっています。
 


はじめてのブログをワードプレスで作るための本

というわけで、2017年9月17日に監修2作目、通算13作目の書籍が発売されます。

今回の著者は『まにぴん』というブログを運営していて、地域で活動しているママさんや地方自治体のワークショップでワードプレスのレクチャーをおこなっている「じぇみ じぇみ子」先生です。「じぇみ じぇみ子」先生です。大事なことなので二回言いました、「じぇみ じぇみ子」先生です。

僕は前回の吉見夏実先生のWebライター本に続いて、「監修」という立ち位置になっています(ちょっとだけ書いたので共著扱いにもなってますが)。

スポンサーリンク

はじめてのワードプレス本にマッチする読者層

ワードプレス未経験者です(きっぱり

ワードプレスの初心者向けの書籍って結構あるんですよ。でも、やっぱり分かってる人が書いてて、ある程度知識がある人向けなんですよね。なので導入・インストール部分って少しだけで終わって、テーマのいじり方がメインになっている書籍が多い傾向です。

じぇみ先生はブログも作ったことがない受講者に向けて、手取り足取り、一緒になってワードプレスのブログ作成を教えています。その丁寧なやり方をそのまま書籍化しました。

はじめてのワードプレス本の内容

目次は以下のとおりです
 

第1章 ドメインとサーバーをレンタルして、ワードプレスをインストールしよう!

1-1 最初の作業:独自ドメインを取得する
1-2 次の作業:レンタルサーバーを契約する
1-3 ワードプレスをレンタルサーバーにインストールする

第2章 ワードプレスの初期設定を行って、ブログの本体を完成させよう!

2-1 ワードプレスの管理画面をチェックで初期設定を完了させる
2-2 ワードプレス本体の基本設定を変更する
2-3 最低限、入れておきたいプラグインを設定する
2-4 ワードプレスの更新方法とバックアップについて

第3章 いよいよ、記事を書いてブログをスタートさせよう!

3-1 投稿ページと固定ページの違いと使い分けについて
3-2 とにかく記事(文章)をどんどん書いていく

第4章 ブログの記事に画像を入れて、もっと楽しい記事にしよう!

4-1 ブログの記事に画像を入れる方法
4-2 画像のサイズは、最低でも横幅400px以上にする

第5章 できる限り、ブログは毎日更新しよう!

5-1 更新頻度が高いと、何かとメリットが多い!
5-2 記事のひねり出し方と書くコツ

第6章 ブログの見た目を変えてみよう!

6-1 ブログの更新に慣れてきたら、見た目の強化を検討する
6-2 プロフィールの設定とブログのロゴを設置する
6-3 色を変更するだけで雰囲気がグッと変わる

第7章 そろそろ、ブログでお金を稼ぐことも考えてみよう!

7-1 ブログで稼ぐための仕組みと大まかな種類について
7-2 ライターのお仕事やイベント招待など、色々な可能性がある!

おまけ 「スマホで読まれる」ことを意識しよう!

ページ数はなんと260ページ超!

わかっている人が読むと当たり前に感じると思いますが、ワードプレスを触ったことがない人にとっては、ここまで丁寧に噛み砕いた情報が必要なんです。

WordPressを教えている立場の人が、改めて未経験者の気持ちになるために読んでもらうのも良いかと思います。

 
【※発売日が17日になりました】

そんなわけで、発売日は2017年9月16日(土)なのですが、この日はWordCamp Tokyo 2017の開催日でもあります。このイベントにじぇみ じぇみ子先生も来場する予定ですので、サインが欲しい人はぜひ遊びに来てください。腱鞘炎になるぐらいサインの練習しているみたいですよ(僕もこっそり登壇します)。

【追記・訂正】

発売日が1日遅れて17日(日)になりました。とはいえ、気の早い紀伊國屋書店さんとかは16日に並んでいる可能性もあるので、試しに除いてからWordCampに来てくださいね☆僕も見本誌持っていくので、興味ある人は立ち読み可能です。

2017/09/08出版あれこれ