バルセロナの観光スポットや宿泊ホテルなど雑多な情報まとめ~バルセロナ・ドバイ旅行記13~

シェアする

いよいよバルセロナ・ドバイ旅行記のバルセロナ編の最終回です!!いやー、長かった。もう記憶も曖昧になりつつも、なんとか必死に弱っている灰色のシナプスやニューロンを刺激して最後の記事を書き上げてます。

というわけでバルセロナ編の最終回は、ひとつの記事にするほどのネタでもないんだけど、お蔵入りさせちゃうのももったいないような観光スポットや、我が家が泊まったホテルのことなんかを書いて締めてみようかと思います。

利用した4つ星ホテル HOTEL GOTICO

バルセロナではHOTEL GOTICOという4つ星ホテルに泊まりました。カタカナだとホテルゴシコとかホテルゴシックとか記されていることが多いようですね。

HOTEL GOTICO

本来はSANTA MARTA(サンタマルタ)という2つ星ホテルに泊まる予定だったのですが、タクシーでサンタマルタに着いた途端、フロントの人に「ヘイボーイ!お前はラッキーマンだ!4つ星ホテルに宿泊場所が変わったんだぜ、ハッハー!!(意訳)」って言われて、地図を渡されました。どうせならタクシーが去る前に言って欲しかったですが、大通りまで重いスーツケースを転がして、またタクシーを捕まえてホテル ゴシコまで移動しました。

ホテル ゴシック

ホテルのロビーでくつろぐ息子氏。

たぶんバルセロナの4つ星って、設備というよりも伝統や場所なんかが重要視されてるような気がするのですが、日本の一般的なビジネスホテルよりちょっと広いという感じのホテルでした。

summary05

summary06

寝床はシングルベッドが2つと、エクストラベッド1つの形式でございます。

summary07

あとはデスクですね。ホント、日本のビジネスホテルぐらいの広さです。

summary02

モーニングビュッフェはホテル代に含まれてたようです。日本人全然居ませんが・・・。

summary03

やっぱりパンとかソーセージとかベーコンとかチーズがメインになります。微妙に暗い場所だったので不味そうに見えますが、普通においしい朝食でしたよ。

ピカソ美術館

バルセロナといえばピカソ美術館です。とはいっても(当たり前の話ですが)館内は撮影禁止なので、写真は外見だけという非常に微妙な感じになっています。

ピカソ美術館

ピカソ美術館

ピカソ美術館はゴシック地区のちょっと脇道に入ったところにあります。時間帯にもよりますが、基本的に結構行列ができており、入館まで30分以上待つこともあります。時間的に余裕を見て行くか、公式サイトからオンライン予約して行くのが良いかもしれません。

ピカソ美術館(英語)

 ピカソ美術館 ピカソ美術館

バルセロナのベイサイド

ゴシック地区を南方面に10分ぐらい歩くとベイサイドエリアになります。バルセロナは非常にコンパクトな街なので、散歩気分でいろいろな場所を楽しむことができます。

ポルト・ベイ

普通に建っている建物も何気に格好いいですよねぇ。

ポルト・ベイ

たしかこれもピカソのオブジェ。

バルセロナのザリガニ

バルセロナといえばこのザリガニさんも有名です。

バルセロナのザリガニ

ザリガニさんでも普通に町並みに溶け込んでいるのが不思議です。

海のランブラス

今まで載せている写真の逆側はすぐに海だったりします。遠目に見える橋は「海のランブラス」と呼ばれ、ポルト・ベイに繋がっています。日暮れからライトアップされて幻想的な雰囲気になるそうです。

コロンブスの塔

ランブラス通りの起点まで来るとコロンブスの塔がドーンとそびえ立ってます。

コロンブスの塔

近くで見ても壮観です。晴天なのでかなり美しく撮れてますね。

サン・パウ病院

サン・パウ病院(Hospital de Sant Pau)は1997年にユネスコの世界遺産に登録された建築物です。

サン・パウ病院

サン・パウ病院

サグラダ・ファミリアツアーのおまけで立ち寄ったので外側からの撮影だけです。現在は修復も終わり、内部の見学もできるようです(→世界遺産~サン・パウ病院がオープンしました

サン・パウ病院からサグラダ・ファミリアを望む

なお、サン・パウ病院の正面入口から反対方面を見るとサグラダ・ファミリアが見えます。

ランブラス通り

バルセロナを代表するメインストリートで、イギリスの作家サマセット・モームが「世界でもっとも美しい通り」と称した通りです。

summary22

歩道が道路の中心となり、両脇を自動車が走る形状になっています。いたるところに屋台があり、パンや新聞なんかを売ってます。

summary23

リセウ大劇場もすぐそばにあります。

ミロのモザイク床

こちらがミロのモザイク床。

summary24

僕の好きなCUSTO BARCELONAもありました。

summary25

生ハム屋さんなどもあります。とにかく歩いているだけで面白い通りなので、ぜひ散歩してみてください。20分もあれば起点(コロンブスの塔)から終点(カタルーニャ広場)まで行けちゃいますよ。

カタルーニャ広場

有名なバルセロナの中心となる広場です。地下鉄やバスのターミナルでもあり、タクシーもすごい量が停まっている交通の起点でもあります。

カタルーニャ広場

ガイドブックでよく見られる光景です(デモ以外)。

カタルーニャ広場

馬の銅像が凛々しいです。

カタルーニャ広場

息子氏の大好きな鳩も大量にいます。

カタルーニャ広場

おみやげを買うなら、カタルーニャ広場のすぐそばにあるエル・コルテ・イングレスという総合デパートも良いかもしれません。服やバッグ、アクセサリーからスーパーマーケットまでなんでも入ってます。トイレも借りられますので(広いので探すの大変ですが)、このデパートを休憩の拠点にしても良いでしょう。

カタルーニャ広場

こちらが地下のスーパーマーケット。お酒や野菜類・・・。

カタルーニャ広場

魚介類・・・。

カタルーニャ広場

そしておなじみ生ハムなんかも買うことができます。ここでお昼ごはんを買って、外で食べても気持ちいいですね。

マップ

ひとまずバルセロナで行った場所をGoogleマップにまとめてます。もしバルセロナ旅行を予定している人がいれば適当に利用してください。

というわけで、ようやく、ようやくバルセロナ編の終了です。次回からはドバイ編に入りますが、旅行記書き終わるのに1年ぐらいかかってしまいそうや・・・。

バルセロナシリーズバックナンバー

バルセロナ・ドバイ旅行記1~旅行準備編~
エミレーツ航空の設備とサービスが物凄い件 ~バルセロナ・ドバイ旅行記2~
サグラダ・ファミリアの外観・内観・資料館の雰囲気を40枚の写真でお届け~バルセロナ・ドバイ旅行記3~
カサ・ミラやカサ・バトリョ、グエル邸など、バルセロナ市内のガウディ建築物を徒歩で巡って~バルセロナ・ドバイ旅行記4~
グエル公園やグエル別邸など、ちょっと遠めのガウディ建築物をタクシーで巡って~バルセロナ・ドバイ旅行記5~
バルセロナの大聖堂カテドラル(サンタ・クレウ・イ・サンタ・エウラリア大聖堂)~バルセロナ・ドバイ旅行記6~
バルセロナの伝統的コンサートホール「カタルーニャ音楽堂」観覧記と入場予約方法~バルセロナ・ドバイ旅行記7~
ヨーロッパ有数のパワースポット「モンセラット」と願いを叶えてくれる「黒いマリア像」~バルセロナ・ドバイ旅行記8~
バルセロナのダリ美術館「Dali Real Ciculo Artistico Barcelona」~バルセロナ・ドバイ旅行記9~
ガストロノミー分子料理法の立役者の一人(らしい)、マルティン・べラサテギ氏の料理が楽しめるLoidi ~バルセロナ・ドバイ旅行記10~
地元のバルめぐり&魅惑のフラメンコ鑑賞の夜 ~バルセロナ・ドバイ旅行記11~
バルセロナの交通事情 ~バルセロナ・ドバイ旅行記12~

スポンサーリンク

シェアする

SNSをフォローする

スポンサーリンク