【再訪】大宮の路地裏にひっそりと佇む隠れ家レストラン「0760」で食べる牛たん葱しゃぶが絶品だった件

グルメレポート
スポンサーリンク

7年ぶりに大宮にひっそりと佇む隠れ家に行ってきました。

そう、お店の外観でまず驚き、中に足を踏み入れさらに驚き、そしておいしい牛たん葱しゃぶしゃぶに舌鼓を打てる、あの「0760」です。

(※7年前に書いたブログ記事はこの本文の一番最後にそのまま残してあります)

この0760という名のお店、外と中とのギャップがまた面白いので、敢えてお店の外観写真は載せません。ぜひ現地で楽しんでください。

恐る恐る扉を開けて、急な階段を登ると粋なエントランスが見えてきます。

お店の内部はこんなラグジュアリーな空間が。

人気店なので予約したのですが、メニューを開くとこんな気遣いが。ちょっとしたことなんですけど、こういうの嬉しいですよね。

0760自慢の鍋メニューがこの3つ。いつもどれ注文するのか悩むんですけど、やはり定番の牛たん葱しゃぶにしました。ちなみに各一人前から注文可能なので、3人で行ってシェアするのが賢い楽しみ方かもしれません。

牛たん葱しゃぶセット(一人前)

牛たん6枚、5種の葱(埼玉 深谷葱、埼玉 岩槻葱、栃木 白美人葱、京都 九条葱、博多 青ねぎ)、そして特製ねぎダレで一人前です。

後で載せますが、雑炊や武蔵野うどんの締めや、豊富なサイドメニューを楽しみたければ一人前でも充分な量かもしれません。

まずはテールスープに5種の葱をだばぁと入れて軽く煮込みます。

葱がしんなりしてきたら、牛たんをしゃぶ…

しゃぶ…。至福の傍観っ・・・・!

色が変わったら特製ねぎダレでいただきます。ざわ…ざわ…。垂涎の至福・・・・・・!

ポン酢もあるので、味変も可能です。感謝っ!圧倒的感謝っ・・・・!

牛たんと葱の甘みが加わったテールスープをそのまま終わらせてしまっては成仏できません。そう、雑炊セット(500円)を追加すれば、さらなる高みを目指せるわけです。

はい優勝。

酒が進む至福のサイドメニュー

メインの牛たん葱しゃぶを先に載せましたが、0760にはたくさんのおつまみメニューがあります。

酒のあて3種盛り合わせ(今回は酒盗、さめなんこつの梅和え、ホタルイカの沖漬け)。これ、無限に酒が飲めます。

吟醸豆腐とルッコラのサラダ~京桜豚味噌のドレッシング~。まんべんなくかき回した味わいが最高で無限に酒が飲めます。

牡蠣のたたき、白子、あん肝の3点盛り合わせ。これ、牡蠣のたたきって文字列の時点で優勝でしょう。

フォアグラと白レバーのテリーヌ~蜂蜜と仁淀川山椒の香り~。

塩っ気のある食材に蜂蜜って恐ろしい破壊力ですよね。

他にも新鮮な刺身盛り合わせとか、鴨のカルパッチョとか、厳選チーズ盛り合わせとか、しめ鯖と伊予柑のマリネとか、いも豚のロースカツとか、魅惑のメニューが盛り沢山なので、ぜひ試してみてください。

キンッキンに冷えてやがる…。

お通しのごま豆腐の弾力よ…。

そうそう、悪魔的という言葉が一番相応しいのが、この「宇和島レモンサワー」です。これ、檸檬堂よりやべぇ飲み物だ…。本当に無限に飲める…。しかも500円なんだぜ…。

この自家製ブランデースプリッツァーも悪魔的な飲み物で、水よりもスイスイ飲める…。

他にも瀬戸内海のしまなみ産のミントを使ったカクテルや、青森産のふじ(りんご)を使ったカクテルなど、無限に飲めるメニューがたくさんあります。ワインもボトルで3,000円からあります。

というわけで、大宮近辺に住んでいる人や、ちょっとしたサプライズを楽しみたい人はぜひ足を運んでくださいね。

埼玉県さいたま市大宮区にある、看板のないラグジュアリーなオトナの隠れ家バー。
www.0760.tpd-jo.co.jp

2013年7月26日に公開した「0760」訪問記事

どうもどうも、元グルメブロガーの染谷です。いつも食べる前に写真を撮り過ぎて肝心の料理が冷めてしまうことが耐えられなくなったので、ステージに箸を置いて普通の男の子に戻ったわけですが、面白いお店に行ったので記事にしてみました。

そのお店とは埼玉県さいたま市(旧大宮)にあるプライベートレストラン「0760」です。一昔前、テレビで取材が入ったからご存知の人も居るかもしれません。

このお店の話題性の一つとしてお店の外観があります。ぜひ現地で見てもらいたいので、あえてお店の外観写真は載せませんが、おそるおそる扉を開け、急な階段を登った先は、

076004
076005

こんな素敵な空間が現れます。素敵な演出ですよね。もちろん素敵なのは演出だけでなく、料理のレベルも非常に高いと思いました。

076007

まずはプレミアムモルツで乾杯。お通しは枝豆豆腐です。

076008

バーニャカウダや

076009

三種の葱の・・・なんだっけな・・・。

076013

チーズの盛り合わせ。好みで蜂蜜を付けるのですが、これは個人的にはかなりヒットです。

076010

そしてメインの牛たんの葱しゃぶ。ダシはテールスープになっています。

076011

しゃぶしゃぶして

076012

葱を巻いて特製のタレを付けて食べる。

美味しい!!!

という流れでございます。もちろん締めにはうどんもあります。

2度美味しい!!!

で、食べログのレビューを見ると、店員の態度が良くないとか料理は普通でちょっと値段が高いとか書いてあるものも一部ありますが、僕の個人的な感想を言えば店員さんの動きは良いし(箸を落としたらすぐ交換してくれたり←落とした音だけでの対応ね)、料理のレベルも結構高い方だと思いました。

おね値段については・・・

076006

まぁ、牛たん葱しゃぶの一人前が1,890円で、写真で載せたような品+αを注文して二人で満腹、ビール2杯、ワインボトル1本(5,000円)+追加でグラスワイン2杯で16,000円ぐらいでした。

もちろんお酒を飲まない人ならもっと安いと思いますが、ちょっと良いレストランに行ったらこれぐらいかかるので、僕としては妥当な金額じゃないかと思います。

もしかしたら普段使いのお店ではなく、ちょっとしたイベントの時に使ってもいいかもしれません。お店探しから一つのアトラクションになるので、面白いと思いますよ。

というわけで、お店の公式サイトはこちら。

埼玉県さいたま市大宮区にある、看板のないラグジュアリーなオトナの隠れ家バー。
www.0760.tpd-jo.co.jp