STARMARIEのライブを観たくなるような文章を全力で書いてみた、いいから一度おいでよ

先日、久しぶりにSTARMARIEのライブに行ってきまして。そのライブは「本格音楽女子祭-其の十-」というイベントで、今回は13組のアイドルグループが出演していて、それぞれ全力のパフォーマンスを披露する場だったんですね。

ライブレポートや写真は動きの早い友人たちがアップしているのでそちらをぜひご覧いただきたいのですが、3ヶ月~半年振りに応援しているSTARMARIE(以後スタマリ)のパフォーマンスを見たらすげぇびっくりしたので、僕はそっちをメインに書こうかなと思います。

あ、そうそう、先にお約束の文章を載せておきますね☆

「あー、なんだアイドルか、自分には関係ないな」と思ったそこのアナタ!ちょっとそのブラウザを閉じようとする手の動きを止め給え!!

ライブアイドルの世界は一生懸命努力することなんてそもそも当たり前で、いくら素晴らしいパフォーマンスに仕上げていても、その良さを届けることが非常に難しいんです。

以前に究極のお土産フォーラムの記事

漁師や農家など、生産者からしてみると「食べてもらえば良さはわかる」。でも、バイヤーからしてみると「食べなくても欲しくなるストーリーが欲しい」となる。

これだけ商品が溢れている世の中です。厳しいようですが「食べてもらえれば」なんて言葉は言い訳にしかならないんですよね。

という内容を書きましたが、ライブアイドル業界も一緒です。楽しさ、臨場感、でこいさんの燃え尽き具合など、場の空気感を届けることってすごく大変であり大切なことなんですよ。なのでこの記事では、読んでくれた人がスタマリのライブに来たくなるように暑苦しく全力で書いて見ようと思います。

他人の褌で振り返る本格音楽女子祭でのSTARMARIE

いやー、良いですねぇ。ちなみに僕は5枚ほど撮って諦めて、ファインダーを通さない裸眼でスタマリのライブを満喫させていただきました、ありがとうございます。

なお、その5枚の中でのベストショットがこちら。

STARMARIE

いい加減、買ったカメラ持って行こう・・・。

動画で振り返る本格音楽女子祭でのSTARMARIE

STARMARIE

今回のセットリスト(演奏曲一覧)はこの4曲。

1.狂おしき月下の舞踏会
2.お化け屋敷に就職しよう
3.サーカスを殺したのは誰だ
4.三ツ星レストラン・ポールからの招待状

スタマリの楽曲の中でも激しいダンスナンバーの4曲でした。前のグループがアップアップガールズ(仮)だったので、彼女らのパフォーマンスに負けない曲を選んだのかもしれませんね。

ちなみにオフィシャルで公開されている動画と、運営のご配慮で特別に写真撮らせていただいたでこいさんの写真を特別にお借りして臨場感をお伝えしたいと思います。いいから見て、見ればわかるから!

狂おしき月下の舞踏会



どうでもいい話ですが、最近僕が心酔している筋肉界では「強い」「大きい」という言葉は最大級の褒め言葉です。さらにどうでもいい話ですが、アイドルのライブ見ながら素敵な上腕二頭筋だなぁとか、研ぎ澄まされたハムストリングスだなぁとか思っていたのは内緒です。完全に脳筋になってるじゃないか・・・。