夏はビキニでラブラブファイヤー

2013/11/04
夏はビキニでラブラブファイヤー
スポンサーリンク

全国のブログ飯&SM愛好家のみなさま、こんにちは。
生まれついての鬼嫁・ミミコでございます。
胎内にいる時からムチと親しみ、3歳でボンテージデビュー。
齢9つにして仲間や先生を片っ端からヒールの踵でグリグリするという神業を披露し
「アメムチ界の浅田真央」と囁かれたのは記憶に新しいことと思います。

そして現在、マサオという下僕と運命の出会いを果たし
名実ともにアメムチ界のトップに君臨したわけですが、
最初っから順風満帆というわけではありませんでした。

世界アバズレ選手権を史上最少の14歳で制覇し、
鳴り物入りでプロS嬢の道に進んだものの、待っていたのは
嫉妬と欺瞞、そして挫折という地獄の日々でした。
天賦の才を持ちながら、宝を生かしきれない現実にいらだち、
「このブタ野郎!」と夜な夜な自分にムチ打ったこともありました。

でも、希望だけは失いませんでした。

「S嬢としてのポテンシャルを、最高に引き出してくれる下僕が
 この広い世界のどこかにいるはず!」

身も心もボロぞうきんだった2005年、わずかな光を胸に
私はある計画を実行しました。
それこそが、この記事のタイトルでもある
「夏はビキニでラブラブファイヤー❤」です。

当時私は、売れない脚本家だったのですが
脚本だけでは食っていけないので、昼は某通信会社の子会社が行う
インターネットTV局のディレクターをしていました。
(ディレクターと言っても、局員は私1人でしたが(笑))
出演者の1人に、某フードコーディネーターさんがいたのですが
その方、最近まで重度のアル中で、施設に10年ほど世話になっていたと言うのです。
そんな自分をアル中地獄から救ってくれたのは、病院でも薬でもなく
「妄想」なのだと彼は豪語しました。

え?妄想で、回復が超難関と言われるアル中が治っちゃうのぉ〜!?
彼はニヤリとしたり顔でこう言いました。

「そう、真剣に妄想すれば大概のことは上手くいく。
 この仕事も、自慢の一軒家も、すべて妄想で手に入れたんだよ」

マジですか~(目がハート)!!

「乗った!それ乗った!その『妄想力』とやらで、
 お金も仕事も下僕もナイスバディも、全〜部モノにしてみようじゃないの!」

私は思わず膝を叩きました。そして2005年5月某日、
妄想の力でダイエット&下僕(彼氏)をゲットすべく
『夏はビキニでラブラブファイヤー』をスタートさせました。

期間は3ヶ月。 やることは「言葉による妄想」と「映像による妄想」のみ。
つまり、ナイスバディにビキニを着用した私と
素敵な彼氏が浜辺をキャッキャ歩いてる画を想像しながら
「私はナイスバディである。運命の恋をする」と
一日数回、繰り返し唱えるだけです(寝る前が効果的とのこと)。

これらを3ヶ月続け、体型と恋愛に変化が出たら実験成功ですが
1人でこっそり妄想していても張り合いがないので、
当時やっていたmixiにて、日々の出会いや体重の増減をアップしていました。
そして3ヶ月後・・・何と、運命の下僕・マサオ氏と付き合う運びとなったのですヽ( ゚Д゚)人(゚Д゚ )

ああ、おそるべし「妄想の力」・・・❤
ちなみに出会ったのは、妄想を始めてから1ヶ月弱(6月初旬)、
それから徐々に距離を縮めて、8月下旬に交際を始めましたヽ(≧∀≦)ノ

この下らなすぎる企画とスピード感のギャップに、周囲は騒然となりました。
変な三十路女が、身体を張ってバカな実験をしているという噂は広がり
沢山の方が「夏はビキニでラブラブファイヤー」を見に来るようになりました。
(当時は『電車男』や『59番目のプロポーズ』などがブームだったせいもあり、
 ラブラブファイヤーを書籍化する話も持ち上がったんですよ(^o^;))

読み返してみても、我ながらなかなか熱のこもったコンテンツで
このまま埋もれさせておくのも勿体ないので、加筆・修正したものを
「夏はビキニでラブラブファイヤー2013」として、次回より
鬼嫁ブログに投下していこうと思います\(^o^)/

アメムチ界の女帝と、キモメン界の帝王がお手合わせするまでの
3ヶ月間の実録ドキュメントに、きっとあなたも涙することでしょう。
渇いた日常を潤す一服の清涼剤として
このブログをご愛読いただければ幸甚でございますm(_ _)m

結婚式場での介護シーン

それではみなさま、何とぞご期待のほどよろしくお願いいたします☆