ブログ飯無料公開キャンペーン後のAmazonランキング変化

※この記事はオンラインサロン「ギガ盛りブログ飯」内で公開されている内容を、一部加筆修正して当ブログに掲載しています。
 

2016年10月20日(木)から23日(日)にかけて、ブログ飯の無料公開キャンペーンを4日間限定でおこないましたが、その結果について報告します。

結論から言うと、無料公開をしたら紙版もKindle版も売れました。

画像を添付しますが、無料公開前、14000位台(紙の方)だったのですが、最高で2900位台までアップしています。Kindleも同様にアップしました。

blogmeshifree01

無料公開前(紙版)

blogmeshifree02

無料公開後(紙版)

blogmeshifree03

無料公開前(Kindle版)

blogmeshifree04

無料公開後(Kindle版)
 

感想をエゴサーチしてみたところ「気にはなっていたけど読むタイミングがなかった」という層に対して、期間限定というフックをつけたことで読むモチベーションを与えられたんだと思います。そしてブログ飯の無料版を読んでくれた中の一部の共感層が、手元に置いておきたいと感じて購入してくれたのでしょう。
 
とはいえ、無料公開して全部が全部良かったかというとそうではなくて、無料にすることのデメリットもあります。まぁ、無料公開やる時点でネガティブな反響も織り込み済みだったので(この辺はグループ内でちょっと過激に書いているけど割愛)そんなに心は削られていないんですけど(´Д⊂ヽ
 

僕の場合、PRになるような第三者の投稿は積極的に拡散しますが、そうでない投稿はスルーします。公平じゃないと思われるかもしれませんが、わざわざネガティブな投稿を拡散するメリットがありませんからね。このあたりは著者によって考え方が違うかもしれませんが、「売る」という営業活動にフォーカスするのであればポジティブな共感者を増やす・情報を拡散する方が効率的です。
 

そんなわけで総論成功、各論一部凹む的な結果となりました。書籍に限らず、なにかを無料公開する計画がある場合は参考にしてください。ちなみに先日、「アフィリエイトの教科書」の序章・第一章を無料公開しましたが、このブログ飯無料公開キャンペーンのデータを基にしてやってみた次第です。

こちらもデータを取っているので、面白い変化が出たらギガ盛りの方でシェアする予定です(いまんところあんまり大きな変化無いんだけど)。