灼熱の薬膳麻辣ブラックスープきのこしゃぶしゃぶ鍋を、Shangri-La❜s secret 銀座店で食べてきたというお話

グルメレポート
スポンサーリンク

先日、六本木の金肉という焼肉店に行ってきまして。

その際にシェフと仲良くなってFacebookでつながってたんですけど、そのシェフのウォールにこんな投稿がありまして。

というわけで、早々に予約をして、Shangri-La’s secret(シャングリラズシークレット)銀座店に行ってきました!

お店の内観はこんな感じ。窓際の席であれば、8階から銀座の街が一望できます。

基本メニューはこの4種類で、すべて秘伝のブラックスープをベースにしたきのこ鍋が楽しめます。ちなみに右下の昭君黒湯コース(7,500円)を注文しました。

秘伝のブラックスープは、約30種類ものきのこをじっくりと煮込んで作られたスープで、+800円(税抜)でそのブラックスープを真紅に変えることが可能です。

まずはハイボールと6種の前菜でウォーミングアップです。前菜も中華っぽく香辛料の風味が効いてます。

前菜を食べ終わったタイミングで、主役の鍋が運ばれてきます。なにこれ美しい。ただ、ここからスープを更に沸騰させるのでちょっとだけ待ちます。

待っている間に運ばれてきたのが、このヤマブシタケの串揚げ。メニューには「お肉のような串揚げ」と書かれていますが、確かに肉のような食感が楽しめるきのこです。

この串揚げも香辛料が効いていてハイボールが進みます。

鍋から勢いよく湯気が吹き上がったらいよいよご開帳です。真っ黒なスープがグツグツ煮立ってます。このスープだけでも無限に飲める勢いです。

まずはブラックスープで10種のきのこを楽しみます。

ブラックスープをきのこが吸って最高に優勝なんですけど、ブラックスープ側にもさらにきのこの旨味が溶け出して春夏連覇って気持ちになります。

そして遂に本番です。

いよいよ特製辛味噌と2種類の唐辛子、そしてレモングラスや陳皮、八角といった香辛料をブラックスープに投入します。

だばぁ。グツグツグツグツ…。なんという地獄絵図じゃなかった美しい姿…。

この素晴らしさは静止画では伝えきれないので、動画も撮影してみました。こういうの大分の温泉街で見たことあるわ。

まずは野菜や豆腐、エビ団子で胃袋を覚醒させます。

さっきまでの落ち着いた黒から、燃え盛る赤に変わると心も踊りますね。

続いて肉です。そう、肉です。九州からやってきたA5ランクの赤身牛、鳥取からやってきた大山どりの胸肉、そして青森からやってきた豚肉の三種類です。

肉の脂の甘みとスープの辛さのマリアージュは余計な説明いらないですね。

さらに牛たんまで登場してきました。なにこれやばい。

やばい。

締めは和牛の煮込みを乗せた卵かけきのこご飯です。なんというパワーワードの羅列。

これに…

トリュフをこれでもか!というぐらい乗せてくれます。

やばい。

さらにブラックスープをかけてお茶漬けスタイルで締めの締めです。このブラックスープ、無限に出してくれるので無限に飲めます。

デザートは杏仁豆腐かマンゴープリンから選択できます。クリーミーな甘さが戦いの傷を癒やしてくれます。

というわけで、いろんな場面で使いやすいお店ですので、きのこ好き、しゃぶしゃぶ好き、激辛好きな人はぜひ食べに行ってみてくださいね。

Shangrila’s secret(シャングリラズシークレット) 銀座店

住所:中央区銀座 8-3-1 GINZA TOKIDEN 8F
定休日:無休
営業時間:
月曜~金曜
17:00~23:30(L.O.22:00)
土曜・日曜・祝日
11:30~23:30(L.O.22:00)
食べログ: https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13225378/