2013年9月14日に開催されるWordCamp Tokyo 2013の舞台に立ってくれるブロガーや技術者、デザイナーなどを募集していますよっと

シェアする

もう少しずつ、いろいろな箇所で告知が始まっていますが、WordPressの祭典「WordCamp Tokyo 2013」が2013年9月14日(土)に蒲田で開催されます。今年のWordCamp Tokyoのテーマは「舞台に立とう!」。というわけで、舞台に立って一緒に踊ってくれる人を大募集しています。

http://2013.tokyo.wordcamp.org/2013/07/16/panelist-moderator-recruit/
今年のWordCamp Tokyo 2013はセッションも参加型!パネラーやモデレーターも大募集!! | WordCamp Tokyo 2013

で、ワシ、このセッションの企画運営責任者やねんて…。応募少なかったらみんなから冷たい目で見られるんですよ…(←勝手なイメージです)。

詳細はリンク先に書いてあるのですが、僕個人的にこんな人に応募して貰いたいなぁというのを改めて書いておきますね。

コンテンツ/集客セッション

このセッションはWordPressのイベントとしてはちょっと変化球的なんですが、発信する中身の作り方を聞いてみたいなぁと。というわけで、ブロガーやメディア運営者の方に、どうやってネタを探しているのかとか、記事を書くのに注意しているポイントとか聞ければいいなぁと思っています。
(※ちなみにこのセッションのモデレーターは僕がやることになってますので、空気を読まずにいろいろ聞いちゃいますよ( ̄ー ̄)ニヤリ)

デザインセッション

僕はデザインセンスが無いのでさっぱりなのですが、テーマ作りのアプローチ、レスポンシブ、知っておくべきガイドライン、ユーザーインターフェース、探し方(参考にしているテーマ、ダメな探し方)、トラブルシューティングなどのお話がしたい方にぜひ応募して貰いたいです。デザイン系はホントこだわりがある話が聞けると思いますので、個人的に楽しみです。

テクニカルセッション

ゴリゴリの技術論をぶつけ合って貰いたいですね。僕は技術者じゃないのでなんのハンドリングもできませんが、イベントに参加する人の多くは技術の話を聞きたいと思いますので、思う存分語っていただければと思います。僕は( ゚д゚)ポカーンとしています(おぃ

運用セッション

サイトを作り終わった後の保守やバージョンアップ、機能拡張やマネタイズなどのお話をお伺いできればと。この辺のお話も気になっている人って多いと思うんですよね。各々、対応が違うと思いますが、いろいろな事例が聞けると楽しいかなぁと。

というわけで、喋ってもいいぜ!と考えている人はぜひ応募フォームから申し込んでくださいね!!

スポンサーリンク

シェアする

SNSをフォローする

スポンサーリンク