ソリューションとトランスフォーメーション

僕は、世の中において利便性の提供は2種類あると思っています。

それは「ソリューション」と「トランスフォーメーション」です。なんだそれ?と思われる人もいると思うので言い換えると、「解決策の提供/成果物の納品」と「変化の提供/可能性の提示」です。もっと言い換えますか、「やってあげること」と「できるようにしてあげること」です。

僕の講演や書籍、コンサルテーションは常にこの2つの要素を意識して構成しています。

読み手(聴講者)が初心者層であればあるほどソリューションの提供が必要です。手取り足取り教えてあげることで満足度が上がるのです。

読み手(聴講者)が上級者層であればトランスフォーメーション(自己変容)を意識した情報提供が重要となります。上級者層であればあるほど、自分自身の成功体験や哲学があります。それを無理矢理、教える側のセオリーを押し付けても意味がありません。さまざまな事例やヒントを投げかけ、気付きを与えて、受講者自身で(自分にとっての)正解を見つけてもらうのが大切なのです。

僕の場合はどちらかというとトランスフォーメーションに主軸を置く場合が多いです。なぜなら、やるのは僕ではなくあなただからです。以前にこんな記事を書きましたが、やってあげることが多くなればなるほど依存性を高めます(まぁ、そういう商売のやり方もありますが)。

個人セッションや企業コンサルティングで心がけていること
 

なお、どの本に書いたのか忘れましたが、僕はブログとかアフィエイトとかの勉強会を選ぶ際の注意点として以下の様なフレーズに気をつけようと言っています。

また、「誰でも簡単に稼げる」とか「楽に儲けられる」等のフレーズが入っているセミナーも避けておいた方が無難です。誰でも簡単にできるということは、同様のやり方をする人が一気に増えることを意味します。もしかしたら最初のうちは収益を上げられるかもしれませんが、みんなが同じやり方をすればするほどあなたのブログも埋もれてしまう可能性が高くなります。そうなったら元の木阿弥です。また次の「楽に稼げる情報」を探すつもりですか。

ソリューションに寄り過ぎると、結局のところ埋没するんです。自分で考えられる、実行に移せるようになることで独自性が生まれ、結果的に余計な時間やコストを掛けずに済みます。

なお、僕の本を2極に分けて分類してみました。

ソリューション

はじめての今さら聞けないアフィリエイト入門(新刊)
WordPressプラグイン辞典
WordPressプロフェッショナル養成読本
できるGoogle AdSense
Google AdSense成功の法則
アフィリエイトの教科書
ブログ飯
世界一やさしいブログの教科書(新刊)
コンテンツマーケティングの常識
ネットショップの教科書

トランスフォーメーション
 

ソリューション側に寄っていればいるほど、そのままやってください的な内容です。トランスフォーメーション側に寄っていればいるほど、自分の状況に当てはめて、考えながら行動に移してくださいという内容になります。

別にどっちが正しい、誤っているということではなく、どちら側に寄せているのかを意識することで、参加者層を選択することができますし、使う言葉も変わります。そして相手に伝わるメッセージ量も変化します。

 
次世代の教育をしたいと考えている人は、ぜひこのソリューションとトランスフォーメーションを意識して発信してみてくださいね。