DMM オンラインサロン presents 「SALON PROJECT AWARD 2018」のファイナリストに選出されました(嬉しい!)

数多くのDMMオンラインサロンの中から僕の運営するオンラインサロン「ギガ盛りブログ飯」が、「SALON PROJECT AWARD 2018」のファイナリストに選ばれました(∩´∀`)∩ワーイ

SALON PROJECT AWARD 2018 概要

「DMM オンラインサロン presents SALON PROJECT AWARD 2018」は、オンラインサロンの中で日々行われている面白い企画や社会に役立つ活動などを紹介して讃える表彰式です。

オンラインサロンは会員制コミュニティなので、通常は会員の方々しかサロン内の活動をうかがい知ることができません。

しかし、スタッフは知っています!各サロン内では内輪に留めているには、あまりにももったいない様々な企画や活動があることを。

今回は、そんなオンラインサロンの中で行われている企画や活動を募集し、サロンの外の人たちにも知っていただく機会を創りました。

要はサロンメンバー同士で面白いことやってんだったら運営に教えてよ!ということですね。

というわけで、ギガ盛りブログ飯から、9月に発売した書籍「複業のトリセツ」出版プロジェクトで応募してみました。

複業のトリセツ(DMM PUBLISHING)

複業のトリセツ(DMM PUBLISHING)

染谷 昌利
1,620円(03/25 01:58時点)
発売日: 2018/09/28
Amazonの情報を掲載しています

今回のプロジェクトではサロンメンバーには、原稿の校正やタイトル決めのアンケート、サポートオンラインサロンのアドバイザーなどでご協力をいただいています。

↓手伝ってもらった内容の詳細はこちらの記事に載っています。

で、このプロジェクトの面白いところは、単に一冊の本を出したと言うだけではなく、DMM PUBLISHINGという新しい出版レーベルの立ち上げまで手伝ったという点です。新規出版レーベルの立ち上げなんて、なかなか経験できないですよね。

出版レーベルの立ち上げまで手伝った経緯は上記記事に載っているのですが、立ち上げのお手伝いをお願いされた一つの要因として2018年のギガ盛りメンバーの出版ラッシュがあると思っています。

オンラインサロン「ギガ盛りブログ飯」について

ギガ盛りブログ飯のサービス詳細は上記リンク先を見ていただければ詳しく載っているのですが、概要だけ言うと、「情報発信力を鍛えて、これからの激動の時代を楽しく生き抜くスキルを身に付けようぜ」という趣旨のコミュニティです。

オンラインサロンに参加することで何が得られるのか

一口に情報発信と言ってもブログ運営やSNSの活用から、講演や出版などいろいろな手段があります。

僕としてはまずブログやSNSなどのインターネットを活用した情報発信力を強化し、集客(アクセスアップ)のノウハウを身に付けたり、広告収入を得られるようになって欲しいと考えています。

さらに、インターネットで培った情報発信力を活かして、講演活動や企業の情報発信サポートの業務など、現実社会でも活躍できる環境を整えてもらえればとも思っています。

とはいえ、いきなり講演依頼を受けたり、企業のサポート業務をお願いされるようなことはありません。現実社会での実績とインターネット社会での実績には高い壁があります。

この二つは隣り合ってるようで、まったく別の世界なんです。

その壁を乗り越える一つのツールが出版だと、僕は考えています。

ギガ盛りブログ飯と書籍出版の関わり

インターネット上で数多くのアクセスを集められる人は決して多くありません。それを再現できる人はさらに少なくなります。一度結果を出せたとしても、その方法は単なるマグレかもしれません。複数回、同じような結果が導き出せるようになって初めて人に伝えられるノウハウとなります。

なおかつ、そのノウハウを分かりやすく第三者に伝えられる人は、本当に一握りの存在です。

しかしながら悲しいことに、それらの能力を持っていたとしても、出版社が気付いてくれるとは限りません。

僕の役割は能力を持った著者を、新しい才能を探している出版社に繋ぐことです。両者がタッグを組んで書籍ができあがることで、その素晴らしいノウハウが世の中に広まります。そして著者は「出版」という現実社会での実績を得ることができます。

この実績が講演依頼やコンサル依頼に繋がってくるのです。

2018年はオンラインサロンメンバーに、この「出版」実績を得てもらうことに注力してきました。

メンバーの書籍はギガ盛りブログ飯の募集ページに掲載していますが、結果として、サロン内から7名の著者が生まれています。複業のトリセツプロジェクトって、メンバーの出版をお手伝いする経験があったからこそ実行に移せたと、しみじみと感じています。

最終プレゼンと表彰式は2019年春

DMMオンラインサロン事務局から連絡では「入選です」って内容だったのですっかり気を抜いていたんですが、最終プレゼンを経てグランプリを決めるようです。

ライバルは強そうなプロジェクトばかりなのですが、楽しみながら爪痕残してきたいと思います。結果についてはまた報告しますね。