Google音声入力やGoogleドキュメントのOCR機能が、ブログや原稿を超効率化させるのでオススメ!

数日前にこんなブログ記事を書きました。

実はこの記事、9割は音声で文字入力しています。パソコンのキーボードを使ったのは、引用の装飾をおこなったり、リンクを張ったりぐらいで、メインの文章はパソコンに向かって話しかけて書いています。

スマホで「Hey Siri」「OK Google」と話しかけることは一般的になってきていますが、音声入力の精度も上がっていますので、ぜひ試してみてください。キーボードで入力するよりも抜群に早いです。

なぜ書評記事で音声入力を試してみたかと言うと、黙読よりも音読の方が記憶に刷り込まれる実感があるからです。記憶に刻まれて、入力スピードも早いと一挙両得、一石二鳥じゃないですか。

パソコンでの音声入力方法

無料でWordやExcel的な機能が使えるGoogleドライブを利用します。GoogleドライブはGoogle(Gmail)アカウントがあれば、誰でも無料で利用できるオンラインサービスです。

なお、Word的な機能はGoogleドライブだとGoogleドキュメント、Excel的な機能はGoogleスプレッドシートという名称になります。

Googleドライブにアクセスして、左上の「新規」アイコンからGoogleドキュメントを選択します。

ツール>音声入力を選択します。

マイクのアイコンが表示されますので、ここをクリックすると音声入力が始まります。

気持ちゆっくり目に話しかけることで、かなりの精度で文字化してくれます。誤認識した場合は、通常通りキーボードで修正することも可能ですが、ほとんど誤字になることはありませんでした。

なお、改行や句読点などはキーボードでおこなう必要があります。

あとはこの文章を、ブログ投稿画面にコピー&ペーストするだけでOKです。

ちなみに今回は、便宜上「パソコンでの音声入力方法」と書いていますが、スマホでも音声入力機能を使えば同じことができます。

OCR機能を使って、画像(写真)から文字起こしをする

Googleドライブの便利機能がもう一つあります。それはOCR機能を使うことで、画像(写真)に書いてある文字を、そのままテキスト化することが可能です。

OCRとは

光学文字認識のこと。画像データ上にある文字と思われる部分を解析し、コンピューター上で扱える文字(テキスト)データに変換すること。

https://kotobank.jp/word/OCR-1931

ではさっそくやってみましょう。

Googleドライブ左上の新規アイコンから「ファイルのアップロード」を選択します。

文字認識させたい画像をアップロードします。今回は「世界一やさしい ブログ×YouTubeの教科書1年生」の2ページを撮影した画像をアップロードしています。

写真上の文字の見やすさはこんな感じです。

ファイルの一覧画面に戻り、画像を右クリックして、アプリで開く>Googleドキュメントを選択します。

数秒待つとGoogleドキュメントが起動し、画像と、その画像内に含まれた文章をテキスト化してくれます。なにこれすごい。

というわけで、ブログの更新が滞っていたり、原稿の進捗が芳しくなかったりする、僕にそっくりなそこのアナタ!ぜひ活用してみてくださいね。