博多長浜らーめん 楓神(ふうじん)が復活したので、さっそく優勝しに行ってきたお話

2020/06/27
グルメレポート
スポンサーリンク

2017年に惜しまれつつ閉店した、本場博多の味が埼玉県伊奈町で楽しめる「博多長浜らーめん 楓神(ふうじん)」というお店があります。

初代楓神が閉店後、店名を引き継いだラーメン店がオープンしたものの、やはり味も完璧に引き継ぐことは難しかったのか、そのまま閉店。店主交代後に一度、食べに行ったんですが、確かに何かが足りないというか、関東で食べられる一般的なとんこつラーメンって感じになっちゃってたんですよね。

その後も家系ラーメンやカレー屋などがオープンしたものの、全て撤退していきました。

ある日、そのお店の駐車場に大量の車が停まっているのを発見し、「おお、新しいお店でもできたのかな」とマジマジと見てみたら…。

懐かしの楓神の文字が!

マジか!と思ってTwitterで検索してみたら、初代楓神の店主が復活してリニューアルオープンしたとの情報が。楓神アカウントがすごくRTしてて、古くからのファンの喜びの声が溢れています。

というわけで行ってきました、豚骨最強の楓神へ。

おおお、メニューも昔のままだ。

待ちに待った、ネギとんこつラーメンきくらげトッピング(850円+トッピング120円)です。

完全に見栄えだけで優勝だし、パンチの効いた豚骨の香りで二連覇です。

見てこの本場の細麺。復活した自慢の味で三連覇なのは言うまでもありません。

奥さんは塩ねぎとんこつラーメン(880円)をセレクト。

普通のとんこつラーメンは青ネギ&細麺なんですが、塩とんこつラーメンは普通のネギ&中太麺(一般的なラーメンの麺っぽい)の組み合わせです。麺の写真を撮り忘れるという痛恨のミスをしたので、また食べに行って写真撮ってきます。

そしてトッピングに魚の辛そぼろ(150円)を注文してました。ここに塩とんこつラーメンのスープを入れて、つけ麺スタイルで味変することができます。これ、とんこつラーメンのイメージが一気に変わりますよ。

無料トッピングは、とんこつラーメンになくてはならない高菜、紅生姜、すりゴマ、にんにく、コショウ、替え玉用のラーメンタレがテーブルに置かれています。

紅生姜と高菜が乗ったとんこつラーメンの美しさは最高ですね。

とんこつラーメンのデザートと言えば誰がなんと言っても替え玉です。

いつもライスを頼むか替え玉を頼むか悩みに悩んで替え玉にするんですが、このスープで米を流し込むのも魅力的です。20代の胃腸であれば両方選択できるんですが、40代の胃腸で欲張ると翌日まで影響が出るので、泣く泣く我慢してます。

というわけで、パンチの効いた本場のとんこつラーメン好きであれば、絶対に食べておきたいお店ですので、お近くの方はぜひ足を運んでくださいね。

博多長浜らーめん楓神のアクセス方法と営業時間

住所:埼玉県北足立郡伊奈町栄1−93
駐車場:9台(ぐらい)
営業時間:ランチタイム 11時~15時 ディナータイム 18時~22時(ラストオーダーはそれぞれ15分前)