生 Tesla Model 3 を見て触って乗ってきたのでレポートするよ

東雲にテスラ モデル 3の実車が来ているという情報を得まして。

もう僕も半分忘れかけてるのですが、実はモデル 3を3年前に予約してるんですよ。

というわけで、りんかい線に乗ってはるばる東雲までやってきました。

オートバックスの一角に「テスラサービスセンター東京ベイ」がオープンしているのですが、2019年5月10日~12日の3日間、テスラ モデル 3が展示されています。

テスラ モデル3の外観

面倒なウンチクは必要ないと思うので、どんどん画像中心にレポートしていきます。

ぶっちゃけ想像していたよりかなりグラマラスです。プリウスよりちょっと大きいイメージをしていたんですが、クラウンよりも横幅大きいです。

各車種のサイズは

  • モデル3 全長4694mm x 全幅1933mm x 全高1443mm
  • プリウス 全長4630-4645mm x 全幅1775 mm x 全高1575 mm
  • クラウン 全長4910mm x 全幅1800mm x 全高1455mm
  • うちのカイエン 全長4810 x 全幅1930 x 全高1700mm

というわけで、ワイド&ローなスタイリングになっています。

ホイールサイズは19インチで、235/40というタイヤサイズです。どこで買うんだよ。

後方のラゲッジスペースはかなり広いです。スーツケース3つぐらいは余裕で入りそうです。なお、後部座席が倒れてトランクスルーにもなります。

面白いのがボンネット内もラゲッジスペースになっています。ちょっとしたリュックやボストンバックなら余裕で入ります。テスラって電気自動車なのでエンジンが入ってないのでこんなことできるんですよね。

ドアの取手は手前(?)側を押すと出てきます。ミラーも鋭角なデザインでかっこいいです(←語彙力)。

運転席・助手席のステップにMODEL 3の刻印がされています。充電ソケットは左リアにあります。

テスラ モデル 3の内装

続いて内装です。とは言っても、テスラの内装って超シンプルなので、あんまり書くことも無いそうな感じです。

前方座席。ハンドルとモニター、アクセル、ブレーキだけです。

このモニターでオーディオ、エアコン、ボンネットを開けるのまですべて対応可能です。なお、カーナビはGoogle Mapがメインで、サブにTesla純正のカーナビが搭載されるようです。

ちなみに2枚目の写真が運転席からの視界です。

続いて後部座席。大人3人が座っても十分余裕があります。先程も書きましたが、シートを全部倒すことができるので、トランクスルーになります。

そんなわけで、語彙力少なめで「ただただ、テスラ モデル 3を見てきた」ってだけのレポートでした。早く納車して。